りりたの大森ぱとろ~る

タグ:鶏 ( 2 ) タグの人気記事

キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」

本日の大森ぱとろ~るは、キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」です。


この鳥一代さん、他に新橋や恵比寿にもあるようですが、田町駅の芝浦側にあるこちらが本店のようです。参鶏湯で有名なお店のようですが、りりたは「キジ焼き丼」しか利用した事がありません。
d0347281_00470311.jpg

キジ焼き丼(750円税込)
d0347281_00471281.jpg
丼の表面は、キジ(って名がついているので、多分)の腿肉(おそらく)と、鶏そぼろで丼が覆われています。
d0347281_00470746.jpg
キジ肉はその層が2.5cm位の厚みがあり、ごはんを頂くまでには結構キジを食べて掘り下げる必要があります。お肉は多少ぱさついているものの、甘辛いタレの味わい(ご飯にもしっかり塗られている感じ)でかなりインパクトのある味わいとなっています。
d0347281_00472378.jpg
その分途中で飽きてくるのですが、卓上の柚子胡椒とお漬物、そしてささみの入ったグリーンサラダ、みそ汁を活用すると最後まで美味しく頂けます。
d0347281_00471741.jpg
普通盛の他に、大盛、特盛、爆盛もあるとのことですが、りりたは2重の意味で普通盛で十分満足です。


平日の12時40分頃入店だったのですが、50席位あるにも関わらずりりた分を入れて、残り4席で満席でした。また、お店をでた12時過ぎには10名以上の行列ができていました。回転は悪くないようですが、お昼は早い目の方がよさそうです。


■鳥一代
■東京都港区芝浦3-13-18 ト-ホ-ビル2F
■03-3798-3400
■[月~金]昼 11:30~14:00 夜 17:00~23:00 (LO 22:30)
 [土] ランチは休み 夜 17:00~22:00(LO 21:30) 日祝祭日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-12-28 00:44 | 食~和食

やはり主役(鶏肉)が美味しかったジャン丼「葡萄屋」

本日の大森ぱとろ~るは、やはり主役(鶏肉)が美味しかったジャン丼「葡萄屋」です。

お昼のメニューは、とりから揚げ御前、とりめし(丼)、ジャン丼、とり天うどんがありました。
レバ、ボン、つくねが串のままどーんと乗ったとりめしに心が動きましたが、こちら自慢のとり味噌を味わってみたくてジャン丼に決定です。
d0347281_20435475.jpg
最初にお茶、香の物、そしてプチフルーツが供されます。
フルーツが最初に出るのは珍しいですが、今は夏。熱をため込んだ体をクールダウンさせてくれます。


ジャン丼(1,300円)
d0347281_20435956.jpg
丼の上面は香ばしい鶏もも肉の蒲焼と胡麻和えのほうれん草、白髪ねぎと、とり味噌。

鶏は甘辛の優しい味付けで、そのままでも美味しかったですし、ご飯と共に、そしてとり味噌を付けて頂いても美味しかったです。
肉質は、柔らか且つしなやかでジューシー、一切れが大ぶりなので食べごたえもあります。
d0347281_20440764.jpg
ごま和えのほうれん草、白髪ねぎ、コチュジャン要素のある鶏みそでビビンバ風にご飯と絡めると、
とり味噌のコクのある味わいをベースに良い感じに纏まります。時々に肉みそに入っている麻の実が弾けて、いいアクセントになってました。

d0347281_20441761.jpg
竹を基調とした落ち着いた空間、とても高い天井で大きな扇風機が空気を揺るがせてくれて、とても居心地が良いです。
サービスも丁寧で好感が持てました。
今度はとりめしか、カレー好きとしては黒胡椒カリーを食べてみたいです。




[PR]
by ririta13500g | 2016-09-04 20:46 | 食~大森ぱとろ~る

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな