りりたの大森ぱとろ~る

タグ:蕎麦 ( 4 ) タグの人気記事

普通と特上の差は・・・「そば処ちくま」

本日の大森ぱとろ~るは、普通と特上の差は・・・「そば処ちくま」です。


今回のショートトリップは長野。まずは上田にてお城を見学です。と、その前に腹ごしらえ。
駅中そばである「そば処ちくま」さんに突入しました!

特上かけそば(340円)
d0347281_23391835.jpg
特上ざるそば(450円)
d0347281_23394588.jpg
何が「特上」かというと、普通のは冷凍麺で特上は生めん。
提供までの時間が、普通の1分に対し、特上は3分。
気になる値段の差は(たった)40円。
今回注文した「特上」ざるそばはしっかりした食感、風味も「3分で供される麺」としては上々だと思います。ボリュームも十分にあります。対して同じ特上で、しかも同じ麺だと思われるのに、かけそばの方は麺が柔らかすぎ、風味もあまり感じられませんでした。
普通麺と比べてないのでわかりませんが、値段差40円&時間差2分ならば、特上ざるがおすすめの様な気がします。
d0347281_23412932.jpg
余談ですが。。。
メニューにはトッピングの種類が多いのはいいのですが、さらにそれぞれ2種類の麺があるため、自販機にはなんと50個ものボタンがありました。
d0347281_23403343.jpg
店内には「冷凍麺は1分、生めんは3分」と駅そばらしく時間を強調しているPOPが目立つといいうのに、自販機で目的のボタンを探すのに結構時間が掛かってしまっては本末転倒では(^^;。


■ちくま・そば処
■長野県上田市天神1
■0268-21-0567
■7:30~19:30

上田城 ~南櫓・北櫓・ 東虎口櫓門
d0347281_23422402.jpg

真田石~真田石~信之の松代移封時に父の思い出の品として移動させようとしたが、数万人の人夫の力でも動かなかったという
d0347281_23440237.jpg
駅前の真田信繁像
d0347281_23454612.jpg


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2017-10-26 23:48 | 食~遠出

元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」

本日の大森ぱとろ~るは、元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」です。


昇仙峡から甲府駅に、乗り合いタクシーにて帰着。予約している登美の丘ワイナリーのシャトルバスの時間までは約40分しかありません。
ささっと昼食を済ませましょう、ということで駅前の奥藤本店に伺いました。こちら、甲府ご当地グルメの「甲府鳥もつ煮」発祥のお店として有名ですが、鳥もつ煮はひとつひとつ注文を受けてから作っていくとのことで断念です。
d0347281_23354334.jpg

甲州流純手打ちそば ざる(630円)
d0347281_23360229.jpg
エッジの効いたおそばでしっかりした(ちょっとプリッとした)食感があります。北海道幌加内産そば粉と、地下深くから汲み上げた富士の天然水を使っている、との「そば」の風味はまずまずでしたが若干冷やし過ぎ?に思えました。
d0347281_23353239.jpg
つゆはしょうゆの風味が強すぎず、鰹や昆布出汁の風味がしっかりと活かされています。食べ終わるころに持ってきていただいた蕎麦湯を入れると、とても円やか、かつ深みのある味わいとなり最後まで美味しく頂けました。
d0347281_23353742.jpg
店内は清潔、接客は丁寧でホスピタリティはよかったです。時間があれば是非鳥もつ煮を頂きたかったです。
次回の宿題、として甲府再訪の理由ができたかな。
d0347281_23355555.jpg


■奥藤本店 甲府駅前店
■山梨県甲府市丸の内一丁目七番四号
■055-232-0910
■11:00~14:30(L.O 14:15)、17:00~20:30(L.O 20:15)



[PR]
by ririta13500g | 2016-10-26 23:37 | 食~遠出

出汁がとっても秀逸です!「もりいろ」

本日の大森ぱとろ~るは、出汁がとっても秀逸です!「もりいろ」です。


緑がキレイな、和風だけどどこかモダンな外観と同じで木目で統一された店内はどこかモダンな雰囲気を漂わせています。
蕎麦の種類は2種類。当日は茨城県笠間産をメインに、「二種盛」のみが長野県相木産のものがプラスで提供されていました。


1)二種もり(1,200円)
d0347281_23011925.jpg
一枚目、ざるに盛られたそばはまず茨城県笠間産のものが供されます。食感はいい感じですが蕎麦の香りはがそんなに強くは感じませんでした。出汁はかつおベースでさまざまな節が重ねられている感じがします。淡泊ぎみ(上品?)なそばに対し味わい深い出汁で美味しくいただけました。
d0347281_23013651.jpg
二枚目は長野南相木産のものを田舎風に挽いてあります。より「ぶつん」とした食感でワイルドさが楽しめましたが、蕎麦の風味は僅かに強めかな?レベル。これはりりた自身の舌の問題かな?いっぱしの蕎麦喰いになるには、まだまだ修行が足りません。


2)お揚げと九条ねぎ(1,100円)
d0347281_23020216.jpg
揚げさんと九条ねぎが沢山盛られています。そばは茨城県笠間産のもの。すこし茹で過ぎられている?のか箸でリフトアップするとぶちぶち千切れていきます。出汁はこちらもかつをがベースだと思いますが華やかな香りと共に節系の複雑味も持っています。残念ながらお揚げさんの油抜きが不十分で、出汁がオイリーに感じます。折角の美味しい出汁なのにちょっと勿体なく感じました。
d0347281_23021012.jpg
九条葱はそんなにインパクトが強くありませんでした。太目に切ってくたくたに煮込むのが京都風ですが、こちらのように細く刻んで乗せるのもありかと思いました。
d0347281_23021741.jpg
サービスは良い意味での家族経営+αな雰囲気を醸しだしており、良い感じです。また、木目調の立派なカウンターがあるので一人でも入りやすいです。
d0347281_23023847.jpg
惜しむらくはりりたの好みとは方向性が違うのと、全体的にボリュームは少な目なところでしょうか。


■もりいろ
■東京都大田区大森西5-10-8
■03-3761-6055
■11:30~14:30 17:30~20:30 月曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-03-07 23:06 | 食~大森ぱとろ~る

先入観どおりのおいしいお蕎麦「布恒更科」

関西人のりりた、東京でのお蕎麦屋さんデビューです。
東京で食べるお蕎麦のイメージは「おいしいらしい」「そばつゆが真っ黒」の先入観で一杯なのですが、さて興味深々です。
寒い日だったのですが、ここはあえてざる(1050円)で。
d0347281_13342888.jpg
蕎麦つゆを見た時、こゆっ!たまり醤油かと思いました。
けれども、食べてみると見た目ほど塩辛くない。
ちょちょっと付けて食べる、くらいが、そば自体のおいしさも味わえてちょうど良いです。
このそばがおいしい!
香りも良く、つるっとしたのどごし、弾力があるけどありすぎず、なんともいい食感。
しかも、たっぷり盛られています。それでもざるの上でダマになったりせず、最後までおいしく頂きました。
お蕎麦屋さんというと、高くてちょびっとだけ、という印象があったのですが、全然そんなことはないですね。
東京全般に言えるのでしょうか、それともこのお店だけ?
「高くてちょびっと」は外れたものの、「おいしい」という先入観は大当たりでした。
また行きたいです。

布恒更科(ぬのつねさらしな)
■品川区南大井3-18-8
■tel 03-3761-7373
■営業日 月~土、祝日(昼のみ)
11:30~15:00(L.O14:40)
17:00~20:00(L.O19:40)
■休業日 日曜日



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-29 13:37 | 食~和食

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食~パン
食~イタリアン
食~フレンチ
食~洋食
食~カレー
食~和食
食~中華
食~スイーツ
あーと
食~イベント
食~遠出
食~大森ぱとろ~る
食~食材
モノ
風景
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな