りりたの大森ぱとろ~る

タグ:山梨 ( 1 ) タグの人気記事

美味しいワインと眺望を楽しむ「サントリー登美の丘ワイナリー」

本日の大森ぱとろ~るは、美味しいワインと眺望を楽しむ「サントリー登美の丘ワイナリー」です。


甲府駅からのシャトルバス(520円)を利用すると約30分で到着します。ツアーは無料の見学(醸造所見学・テイスティングなし)が2種、そして今回参加した専用バスでの畑&醸造所見学&テイスティングありの有料(1,000円)ツアーがあります。(その他、期間限定ツアーあり)
d0347281_20450461.jpg
まず、バスに乗ってワイナリーの最高標高地点にある見晴台まで登り、畑とそのぶどうについての説明をしていただきます。
その後、醸造所・熟成庫(逆だったかな?)を経て、ワインショップ横にあるツアー用ティスティングカウンターにて試飲です。
d0347281_20443640.jpg
d0347281_20444565.jpg
試飲アイテムは、
1)登美の丘シャルドネ2012年
2)登美の丘 赤2013年
3)マスカットベリーAロゼ 2014年
4)登美の丘ワイナリー産ぶどうを100%使用したぶどうジュース
でした。

登美の丘が美味しいのは知っていましたが、ぶどうジュースにはたまげました。
市販のぶどうジュースとは異なり、ワイン用のカベルネフラン、メルロ、カベルネソーヴィニョンを使っているため、凝縮感と糖度の高さがケタ違いにあります。残念ながらボトルとしての販売は完了していましたが、いつか購入してワイングラスで時間を掛けて楽しんでみたいです。

d0347281_20462380.jpg
その後、ショップ内のテイスティングコーナーで、
1)登美 赤 2011年(60ml:1,600円)
2)カベルネ・フラン 2012年(30ml:450円)
3)ビジュノワール 2013年(30ml:350円)
4)岩垂原メルロ 2011年(30ml:600円)
を頂きました。
d0347281_20461383.jpg
d0347281_20445927.jpg
d0347281_20445390.jpg
登美、黒果実系中心の複雑な香りは樽香と一体となり、エレガントかつ緻密でした。フランはパワー押し感もありましたがその密度はさすが、熟成させてみたいです。ビジュノワールは赤い果実のチャーミングなワインでしたが、価格的にハテナ。岩垂原は日本ワインらしい落ち着いた味わいの中に、ふくよか感、しっかり感、メルロっぽい土っぽさを持っており、好感をもちました(やっぱり少し高いけど)。
d0347281_20451266.jpg
ワイナリーの丁寧な説明とともに、色々なワインが楽しめてとても満足しましたが、
ドロップ・ストップとか、ワインオープナーとか、コルク箸置きとか、もう少し、ワイナリーのオリジナルグッズがショップにあれば、尚よかったです。


ワイナリーからの山岳や市街地の眺めも非常によく、ビジュアル的にも、とても楽しめました。



■サントリー 登美の丘ワイナリー
■山梨県甲斐市大垈2786
■0551-28-7311
■9:00~16:40 水曜、年末年始


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-10-30 20:48 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな