りりたの大森ぱとろ~る

タグ:名古屋 ( 5 ) タグの人気記事

焼きメレンゲ菓子の生ロカイユに舌鼓「ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店」

本日の大森ぱとろ~るは、焼きメレンゲ菓子の生ロカイユに舌鼓「ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店」です。


フランスのマルセイユに本店を持つパティスリーで、日本では広尾に次いで二番目のお店となります。メゾン ルパンミュラで楽しい食事を楽しんだ後、更にドルチェを頂きに・・・。名物は生ロカイユ。
d0347281_22213592.jpg
メレンゲをカリッと焼き上げる通常のロカイユと違って、外側はカリッと、でも中身を少し生っぽいトロッとした食感のまま残したものです。バニラ、チョコ、カフェ、ココナッツのうち、日替わりで2種類が作られます。通常のロカイユはいつでも購入できますが、生ロカイユの焼き上がり時間は7時30分、14時、18時の3回のみで一人8個迄限定、土曜日の14時15分位前の到着で30人くらいの行列でした。

さて、お味の方ですが、
d0347281_22211535.jpg
バニラは予想通りのカリッ・フワッの食感。甘いメレンゲ菓子ということで味わいに複雑さはないですが、予想以上にヘーゼルナッツが沢山入っており、食感も含めてとても良かったです。
d0347281_22212728.jpg
d0347281_22210715.jpg
もう1種類はココナッツでしたが、そちらにはナッツは入っておらず、個人的にはバニラの方が好みでした。

ついでに期間限定のシューシトロンを購入しました。
d0347281_22215298.jpg
シュークリームにレモンピールがかかっており、すっきりした酸味を効かせています。クリームもシトロン味だった、かな。キイチゴのジャムがアクセントに入っていました。
d0347281_22214610.jpg
生ロカイユは恐らくこちらだけで販売されている珍しいお菓子なので、駅からも遠くない立地なので、ちょっとしたお土産に使うのがよいのかな、と思います。もちろん自分用に1個、別袋に入れてもらいますが。


■ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店
■愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 1F
■052-433-2178
■7:30~21:00


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-12-13 22:19 | 食~遠出

フルーツ屋さんのフラッペ!「フルーツ・ブティック ゴトウ」

本日の大森ぱとろ~るは、フルーツ屋さんのフラッペ!「フルーツ・ブティック ゴトウ」です。

今回の名古屋食べ歩き、もう一店ありました。
フラテッリ・ガッルーラで昼食を楽しんだのち、大須のB級グルメを楽しむ前に池下へ。在住時に行けなかったフルーツ・ブティック ゴトウさんのフラッペに初チャレンジです。
気温はかなり上がってきていましたので行列覚悟でしたが、ぎりぎり最後の2席に滑り込めました。


イチゴのフラッペ(550円)
d0347281_13325699.jpg
イチゴが半切れ×3、果肉が混ざったシロップはとてもキレイなビジュアルですね。
イチゴは特に甘い、っていう程ではありませんが適切な酸味があり美味しかったです。また、氷は柔らかめでしっとりとした食感でした。
食べるにつれて、ちょっと味わいが薄れてくるのがこのタイプのフラッペではしょうがない、かな。


愛媛ブラッドオレンジフラッペ(550円)
d0347281_13325229.jpg
国産のブラッドオレンジがあるんだ!とこれに決めました。ブラッドオレンジの味わいの強さというか濃厚さはイタリアの物程は感じませんでしたが、味わいはしっかりブラッドオレンジのそれでした。写真を撮っていたから、というのもありますが少し溶けるのが早い気がしました。
ちなみに、
宮崎マンゴーフラッペは1,500円。ある意味、安いです。
d0347281_13330248.jpg
500円あまりで果実味たっぷりのフラッペはお得感があると思います。
帰りに愛媛ブラッドオレンジを1個、買って帰りました。200円でした。


■フルーツ・ブティック ゴトウ
■愛知県名古屋市千種区春岡1-5-5 ゴトウ888ビル 1F
■052-751-2132
■パーラー10:00~19:00(L.O.18:30)第三日曜日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-05 20:30 | 食~遠出

バランスが取れたクリーミーな担々麺「杏亭」

本日の大森ぱとろ~るは、バランスが取れたクリーミーな担々麺「杏亭」です。


名古屋在住時になんやかんやで来れなかったお店。今回の帰省ついでの食べ巡りの最後を飾ったお店です。
大須でいろいろ頂いていましたので、目的の担々麺のみの夕食となりました。


担々麺(汁あり:800円)
d0347281_21142318.jpg
照明の影響もあるかもしれませんが、普通の担々麺のイメージよりも黄色的な色合いが強く感じます。
d0347281_21151114.jpg
麺は細めの緩カーブ。食感は弱くはありませんがコシが強いわけではない、あまり主張を感じないというか「スープの邪魔にならない麺」な印象を受けました。
d0347281_21145882.jpg
スープは豆板醤的な味わいと白ゴマ、麻辣油の風味がうまくバランスとれている印象。濃厚でクリーミーなのですが、刻み葱が沢山入っていて清涼感を与えてくれるせいか、全くくどさを感じませんでした。美味しいです。


四川麻辣担々麺(汁あり:850円)
d0347281_21144247.jpg
おそらく普通の担々麺に花山椒がたっぷり掛かっているタイプです。こちらはやはり鉄分感や適度な痺れ感が加わり、それの感覚を求める方にとっては先の通常担々麺は物足りなく感じると思います。私はコチラ派です。
d0347281_21152551.jpg

駅から歩いて10分程なので、帰省の行き帰りにでも寄り易いそうです。
次回は汁なしにチャレンジします。


■杏亭
■愛知県名古屋市中村区亀島2-13-1
■052-453-2344
■[月~土] 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:30~21:30(L.O.21:00)日祝定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-02 21:12 | 食~遠出

食べてみて納得「たこ咲」

本日の大森ぱとろ~るは、食べてみて納得「たこ咲」です。

久々の名古屋でランチの後、ドニチエコ切符を買って大須へ。
d0347281_21564870.jpg
名古屋No1たこ焼きの呼び名も高い「たこ咲」さんにおじゃましました。
前知識が殆どない状態で訪れたのでその屋台的外観にびっくり。
d0347281_21563762.jpg
高評価も、昔懐かし屋台的な雰囲気票かな?と少し怪しんでみたり・・・。

さて、初めてなので「元祖醤油」注文。「10分待って」といわれて待つこと20分弱(丁度切れ目だったので・・・)。
d0347281_21565331.jpg
外はパリッ(勿論固すぎない)と、中はホントにとろっとろ。タコは割と大きくぷりっぷりの食感でした。
生地の中と外にふりかけた「天かす」がとても良いコンビネーションとコクを醸し出しています。
ちょっと濃い目の醤油味は卵の味わいをど~んと深めており、ホント美味しい。
d0347281_21564345.jpg
容器の竹の船もええ感じです。
食べてみて高評価に納得の「たこ咲」でした。



■たこ咲
■愛知県名古屋市中区大須3-35-15 フードショップイトウ内
■12:30~20:00 不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-05-26 21:55 | 食~遠出

ガッルーラのエッセンス、あると思います「フラテッリ・ガッルーラ」

本日の大森ぱとろ~るは、ガッルーラのエッセンス、あると思います「フラテッリ・ガッルーラ」です。


それを目的にしないと訪れることさえままならない難予約店クッチーナ・イタリアーナ・ガッルーラ。そのエッセンスが名駅前で手軽に味わえる・・・かも、ということで帰省を利用して訪問しました。

コースはメインあり(4,300円)となし(2,980円)の2種ですが予約はメインありのみ、です。


ガッルーラのスペシャリテ「フォアグラのスモーク」とマンゴー はちみつのソース
d0347281_21432452.jpg
本店のそれと異なり、鴨のついていないバージョン。思い出の味わいと同じで、とても満足です。


ホワイトアスパラガスと師崎産「白ミル貝」の温サラダ パルミジャーノレッジャーノで
d0347281_21434120.jpg
グリルされた白ミル貝と焼きパルミジャーノの香ばしコンビ、焼きアスパラと生パルミジャーノの定番コンビの合わせ技、美味しくない訳はありません。
それらのホワイト・イエローに加えカステルフランコで赤を散らし黒いお皿で全体を引き締めている、キレイで美味しい一皿でした。


「リングイネ」師崎産”地のサザエ”のジェノベーゼ 貝肝の風味
d0347281_21452633.jpg
サザエのぷりぷりした食感、肝(&白ワインの)ソースのコクと心地よい苦みが良かったです。
しかし、ジェノベーゼソースのバジル及び生クリーム要素が強すぎたため、攻殻の味わいを少しマスキングしてしまっている印象でした。


「イカ墨を練りこんだシャラテッリ」手長海老と三河産魚介のトマトソース(+500円)
d0347281_21442258.jpg
魚介の旨みが詰まったトマトソースは秀逸。これに負けないベストな食感とコクをもつイカ墨シャラテッリのコンビネーションも良かった。
d0347281_21441786.jpg
手長海老は香ばしくて、もちろんかぶりついてしまいました。


三河産のスズキ・浅利・鬼浅利と蛤 フェンネルと天然クレソン 香草の香るチュピン リグーリア風 名古屋発の鋳金ホーロー鍋「バーミキュラ」で(+800円)
d0347281_21460928.jpg
メニューは桜鯛ですが、天然スズキでした。とにかく肉厚でぷりっぷりです。殻を積み上げると山になる位に貝類も入っており食べごたえ十分でした。
そしてそのだし汁に関しては言わずもがな、です。リグーリア風とのことですが本場のどろどろ鍋風ではなく、エビのだしを使ってちょっとライトに仕上げているとのこと。
d0347281_21462784.jpg
余すところなく頂くために、ブールのお代わりをサービス頂きました!


バケットラビットのブール、自家製玉ねぎのフォカッチャ
d0347281_21464719.jpg
ブールは特に小麦の風味は強く感じませんがフラットな味わいで食事パンとしては良い感じです。フォカッチャは少し固めでオイリーだったかな。


カタラーナ キャラメルのサルサ
d0347281_21470317.jpg

マンゴープリン ココナッツの雪 フラテッリ風
d0347281_21472331.jpg
エスプレッソW(+300円)
d0347281_21473493.jpg
ドルチェもコースのおまけで付いてくるようなものではなく+αの手が入っています。また、食後の選べるドリンクも種類が多く嬉しいです。


ワイン:プロセッコ(3,900円)
d0347281_21475353.jpg
ボトルは州別とかではなく、価格帯で分けられています。例えばこの3900円価格帯のワインでは、甘泡Half×1・泡×2・赤/白Half×各1・白×3・赤×4から選択可能、ある意味、選びやすいです。今回はメインも魚介系なのでコスパの良いプロセッコを選択しました。結果、正解だと思います。
d0347281_21482079.jpg
パスタが供される時に相方が所用で席をはずしていましたが、ベストのタイミングで供せないということでリングイネを茹でなおしてくれました。
全体的にカジュアルになっているのでガッルーラ本店程のホスピタリティは望むべくもないですが、このような心遣いを頂くと大変嬉しく感じてしまいます。
d0347281_21483337.jpg
当然?本店のガッルーラとはかなりな部分で違っていると思います。が、料理の本質とサービスの心意気に関しては結構かぶる所もあるのでは?と感じました。
名古屋の方以外にはなかなか触れられないガッルーラのエッセンスを気軽に万人に・・・という意味ではとても面白いお店なのではと思います。


■トラットリア フラテッリ ガッルーラ 大名古屋店
■愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 3F
■052-446-8835
■11:00~16:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.21:30)無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-05-23 21:40 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな