りりたの大森ぱとろ~る

タグ:ほうとう ( 3 ) タグの人気記事

旨みあふれるかぼちゃほうとう「小作 甲府駅前店」 oishii

本日の大森ぱとろ~るは、旨みあふれるかぼちゃほうとう「小作 甲府駅前店」です。


ワイナリーからホテルに帰着。夜は甲府のワインが飲めるお店を予約していましたが、やはり甲府に来たからには「ほうとう」を食べなきゃという事で、ホテルの真ん前の「小作 甲府駅前店」さんへ。

ほうとうメニューは、
グランドメニュー
・かぼちゃほうとう(1,150円)
・豚肉ほうとう(1,400円)
・辛豚ほうとう(1,600円)
・きのこほうとう(1,600円)
・鴨肉ほうとう(1,600円)
・ちゃんこほうとう(1,700円)
・辛口カルビほうとう(2,000円)
・猪肉ほうとう(2,100円)
・熊肉ほうとう(3,100円)
オリジナルほうとう
・カレーほうとう(1,500円)
・焼豚ほうとう(1,600円)
・牡蠣ほうとう(1,700円:季節限定)
・あずきほうとう(1,150円)


と非常に豊富。
今回はグランドメニュー中の基本の基本、かぼちゃほうとうと、オリジナルのカレーほうとうを注文しました。
すると、5分も経たずに供されました。早っ。


かぼちゃほうとう(1,150円)
d0347281_17083812.jpg
入っている野菜は、かぼちゃ、子芋、さやえんどう、白菜、ゴボウ、山菜、ニンジン、白ネギ。そして椎茸と。かぼちゃはびっくりする位にゴロッと大きく、鍋の中は殆どが具なのでは?と思えるほど具だくさん。煮干しベースの出汁にお味噌の味わいなのですが、かぼちゃがかなり煮溶けてるイメージのホコホコさと甘味を持っており、旨みが半端ないです。
d0347281_17074364.jpg
麺はかなりの太麺で厚みもそこそこあります。コシこそ強くありませんが、いかにも小麦粉を練ったぞ!的な小麦粉の味わいと出汁をちゃんと吸ってます感があり、とても美味しいです。ほうとう、って名前こそ知ってましたが、実際頂いてみるとと想像の何倍も美味しかったです。


カレーほうとう(1,500円)
d0347281_17075320.jpg
具はゴボウが入っていなくて、替わりに温泉卵が入っています。「カレーほうとう」そのものは、料理として美味しく頂けたのですが、ホコホコな南瓜こそ「ほうとう」らしかったものの、どちらかと言うと旨みのあるカレーきしめんに近いイメージで、「ほうとう」らしさを同じ価格を出して楽しむなら豚肉ほうとうを頂いた方がよかったかな、と思いました。
d0347281_17073871.jpg
d0347281_17075803.jpg

サービスは一般的なそれでしたが、甲府駅前のとっても便利な立地と提供の速さ(且つ、美味しかった)、5%OFFのクーポン券も使えて、何よりも美味しかった!満足です。


■小作 甲府駅前店 (こさく)
■山梨県甲府市丸の内1-7-2
■055-233-8500
■11:00~22:00(L.O.21:10)年中無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-11-03 17:13 | 食~遠出

元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」

本日の大森ぱとろ~るは、元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」です。


昇仙峡から甲府駅に、乗り合いタクシーにて帰着。予約している登美の丘ワイナリーのシャトルバスの時間までは約40分しかありません。
ささっと昼食を済ませましょう、ということで駅前の奥藤本店に伺いました。こちら、甲府ご当地グルメの「甲府鳥もつ煮」発祥のお店として有名ですが、鳥もつ煮はひとつひとつ注文を受けてから作っていくとのことで断念です。
d0347281_23354334.jpg

甲州流純手打ちそば ざる(630円)
d0347281_23360229.jpg
エッジの効いたおそばでしっかりした(ちょっとプリッとした)食感があります。北海道幌加内産そば粉と、地下深くから汲み上げた富士の天然水を使っている、との「そば」の風味はまずまずでしたが若干冷やし過ぎ?に思えました。
d0347281_23353239.jpg
つゆはしょうゆの風味が強すぎず、鰹や昆布出汁の風味がしっかりと活かされています。食べ終わるころに持ってきていただいた蕎麦湯を入れると、とても円やか、かつ深みのある味わいとなり最後まで美味しく頂けました。
d0347281_23353742.jpg
店内は清潔、接客は丁寧でホスピタリティはよかったです。時間があれば是非鳥もつ煮を頂きたかったです。
次回の宿題、として甲府再訪の理由ができたかな。
d0347281_23355555.jpg


■奥藤本店 甲府駅前店
■山梨県甲府市丸の内一丁目七番四号
■055-232-0910
■11:00~14:30(L.O 14:15)、17:00~20:30(L.O 20:15)



[PR]
by ririta13500g | 2016-10-26 23:37 | 食~遠出

唯一無二のほうとう饅頭「昇仙峡ほうとう会館」

本日の大森ぱとろ~るは、唯一無二のほうとう饅頭「昇仙峡ほうとう会館」です。

昇仙峡口へは甲府駅からバスで30分。そこから峡谷沿いの遊歩道で仙娥滝滝上まで歩いて(観光協会資料で約70分、写真撮ったり寄り道ありで、実測100分)いきました。
すがすがしい、とても良いウォーキングとなりました。この後ロープウェイでパノラマ台に行き白峰三山から八ヶ岳に至る眺望を楽しむか、甲府名物のほうとうを頂きたかったのですが、午後のワイナリー訪問の予約時間の都合で断念しました。

ほうとう饅頭(170円)
d0347281_00421379.jpg
ほこほこと蒸しあげた状態で供されます。上には蒸し南瓜、中身は野沢菜、切り干し大根と椎茸が(おそらく)ほうとうと同じ出汁で煮込んだものが入っています。味わい深くてなかなか美味しかったです。確かにこちらでしか頂けない味わいでした
d0347281_00424364.jpg
店頭で2個購入したのですが、無料の麦茶がありますので、中に入ってゆっくり食べて行かれたらどうですか、との言葉。なんか嬉しいですね。ついでにお土産コーナーにて「生ほうとう」を購入しました。半生はそこら中で売っていますが、生は珍しいです。先日頂きましたが、「生」ならではの食感で楽しめました。
d0347281_00430922.jpg
余裕があれば、是非ほうとうを頂きたかったです。

■昇仙峡ほうとう会館
■山梨県甲府市猪狩町393
■055-287-2131
■8:30~17:30 無休

d0347281_00433179.jpg
d0347281_00433643.jpg
d0347281_00434848.jpg

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-10-23 00:44 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな