りりたの大森ぱとろ~る

タグ:うなぎ ( 2 ) タグの人気記事

ほくっとした食感と香り立つタレ「野田岩 大森店」

本日の大森ぱとろ~るは、ほくっとした食感と香り立つタレ「野田岩 大森店」です。


香ばしさが好きなりりたは、うなぎは関西風を好んでいます。が、せっかく東京にいるのだから東京の名店を訪れてみよう、と野田岩の大森店さんへ伺いました。
土曜日のお昼をかなりすぎていましたが、7割程度(&2階では宴会?)の入りでした。

鰻重は並・上・特上の3種類ですが、それぞれ鰻の大きさにより2種類に分かれています。白焼きも頂きたかったので口直しと白焼きがついている松定食、そして上鰻重を注文しました。

松定食(6,100円外税)
 白焼き
d0347281_00352602.jpg
白焼きは、しょうゆとわさび、そして塩の好みで頂けます。りりた的には、しょうゆとわさびはそれぞれの風味が強すぎる為、断然塩がよいと思います。身はそんなに厚くありませんがホクホクしており、あっさりと淡泊さをも感じる中にも、僅かな塩で鰻の味わいが強調・協調されます。

 口直し
d0347281_00353351.jpg
d0347281_00353970.jpg
おくらと山芋は清涼感がありました。また、ごぼうは柔らかくもしっかりと繊維を感じる、いい感じに煮込まれておりしょうがの味わいも強すぎず良いバランスでした。

 鰻重
d0347281_00362289.jpg
より高価な寿定食には上鰻重とありますので、こちらのものは通常の鰻重となります。が、上鰻重と比べてもちょっとだけご飯の見える割合が多いかな、レベルのボリュームがあります。
鰻は白焼きと同様にふわっと仕上げられていながらも脂はしっかりのっており、臭みはなくとても上品に焼かれています。タレはさすが東京?で、醤油の味わいが強く感じますが、とても良い香りでそれがまた鰻にあっているんです。これはとても美味しいです。美味しい鰻に西も東もないですね。
唯一残念だったのが、ごはん。水分が多く少しべしゃっと感じました。

肝吸い
d0347281_00372231.jpg
 濃い目の出汁ですが、鰻重とあっていました。
d0347281_00372712.jpg

上鰻重(の並:3,300円外税)と肝吸い(320円外税)
d0347281_00362910.jpg
器の大きさは殆ど鰻重と同じ(ちょっと大きい?)でしたが、より密度をもって鰻が敷かれていました。印象は定食の鰻重と同じでしたが、これだけでもボリュームは十分にありました。
一番お安い鰻重は2,500円。今時スーパーでも国産ウナギなら一匹2,000円位しますが、こんな美味しい鰻が頂けるなら、家で食べる気がしませんね。

d0347281_00373394.jpg
サービスはさすがに一流のお店だけに、そつがなくまとまっている感じです。
サービスの方が厨房にオーダーの際、〇番テーブル?さん「鰻重3300を一つ」と金額で依頼します。適切なんでしょうが、そのあたりちょっと寂しいです。



■大森 野田岩 (おおもりのだいわ)
■東京都大田区大森北1-30-8
■03-3761-4110
■11:30~14:00、17:00~20:00 水曜・最終日曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-12-26 00:39 | 食~大森ぱとろ~る

鰻の食感はとても柔らかく、バランスの良いタレ「はせ川」

本日の大森ぱとろ~るは、鰻の食感はとても柔らかく、バランスの良いタレ「はせ川」です。


店内は落ち着いた雰囲気で、テーブル間も広く寛げる空間となっています。
d0347281_21195591.jpg
メニューにはうな重、かば焼きの各種に加え、白焼、柳川等の一品料理、そしてコースも設定されています。
今回は、「白焼」、うな重の「松」と「上」を食べ比べてみました。

白焼(梅:1,550円)
d0347281_21191706.jpg
こちらはこの「梅」と「竹」がありまして、ちいさな「梅」の方です。
とてもホコホコと蒸しあげられており柔らかなのですが、「梅」だからなのか、少し身が薄いです。
わさび醤油がついていますがすこし味が強いので、少しわさびを乗せて頂くのが美味しいと思います。

うな重(きも吸い、お新香付き、松:2,900円、上:3600円)
d0347281_21214184.jpg
違いはウナギの大きさ(ボリューム)のみとのこと。器もちょっと違います。(特上:4,400円はもうちょっと良い器のようです)
白焼と同様、とても柔らかく仕上げられています。関西の蒲焼は「ぷりっ」としています(んで、ちょっとタレは甘め)、また名古屋もそれに近いですが脂分が強く「ぱりっ」としている感覚(印象)です。
対して、こちらの鰻は白焼と同様にとても柔らかかったです。タレも関西のちょい甘、名古屋のインパクト風でもなくバランスが取れている感じに思いました。
また、山椒は器良し色合いよし、風味とすーっとした風味と適度なぴりぴり感よし、でした。
d0347281_21200783.jpg
d0347281_21204712.jpg
香の物は色々な種類がたっぷり入っていました。たいてい、種類や量が控えめな香の物ですが、こちらはしっかり。これも良し、です。
でも、ちょっと疑問なのは、タレでごはんを食べる(?)関西と異なり、お新香でごはんをいただくのかな?

接客は丁寧で適度な距離感があり、よかったと思います。
鰻の柔らかさ、タレのバランスが関東の特徴なのか、はせ川さんの特徴なのかは、近々別のお店を訪問して明確にしてみたいです。



■はせ川
■東京都大田区大森西2-4-4
■03-3761-5282
■11:30~14:00 17:00~20:30 水曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-22 21:17 | 食~大森ぱとろ~る

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな