りりたの大森ぱとろ~る

深夜まで大丈夫なブリュワリー&パブ「ホップス・アンド・ハーブズ」 oishii

本日の大森ぱとろ~るは、深夜まで大丈夫なブリュワリー&パブ「ホップス・アンド・ハーブズ」です。


甲府ワインを飲むつもりで訪れた先のお店ですが、思いのほかビールが美味しく頂けました。という事で、続けてビール目当てでホップス・アンド・ハーブズへ。
こちらは1Fがブリュワリー、2Fがパブとなっておりまさにザ・クラフトビールの醍醐味、出来立ての味わいを満喫する事ができます。

頂いたビールはこの3種。

朝霧FreshPopAle 300ml(550円)
The Dark Side Imperial Stout 500ml(900円)
The Counties Pale Ale 300ml(550円)
d0347281_21201969.jpg
d0347281_21210953.jpg
フレッシュな中にもコクとほろ苦さをもつ朝霧、ダークサイドはビールの重い要素を詰め込んだ超コクのある一杯。ダークサイドというネーミング、言い得て妙です。カウンティーズは(あくまでこの中では)中間的なバランスを感じました。こちらのビールはどれも無濾過な旨みがよく出ており、複雑味とコクが同居。大手ブリュワリーの万全の安心感と引き換えに、クラフトビールらしいインパクトのある味わいを楽しめました。満足です。


お豆さんBean&Nuts(400円)
d0347281_21200676.jpg
梅干し豆、グリーンピース、カシューナッツ、そら豆など甲府市内の豆専門店「三枝豆店」の販売しているお豆さん達です。梅干し豆はきちんと梅としその味わいがあります。いずれもカリッとしていて、ホクホクしていて美味しいです。ビールにもとても合います。


甲斐サーモンのFish&Chips(1,000円)
d0347281_21201220.jpg
甲斐サーモンとは、大型の養殖ニジマス、その身は正にピンクサーモン色です。これをサクッという食感ではないけれど、フライにしています。味わいも淡水魚だから?なのか、たんぱくで、丁度よい感じの「たら」っぽさがあります。美味しかったのですが、もうちょっと火入れをして欲しかったです。また、ポテトは普通でした。
d0347281_21214206.jpg
お店に入った時点で、結構酔っていましたので大雑把な感想となってしまいましたが、翌朝までしっかり満足感が残ってましたよ。
また、甲府の町はどのお店も結構閉めるのが早いのですが、こちらは24時まで開いているのもGoodPoint!



■ホップス アンド ハーブズ (Hops and Herbs)
■山梨県甲府市中央1-1-5
■055-225-2012
■[月~金] 17:00~24:00[土・日・祝日] 12:00~24:00、無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
# by ririta13500g | 2016-11-19 21:22 | 食~遠出

とても美味しいドラフトビールが色々選べる「フォーハーツカフェ」

本日の大森ぱとろ~るは、とても美味しいドラフトビールが色々選べる「フォーハーツカフェ」です。


19時頃入店。8割くらいの入りです。
当初、がっつり頂く予定でしたが、すこし前に「ほうとう」を食したため、軽食系のものを中心に選択しました。


まずは、ドラフトビールのメニューから、

スルガベイ インペリアルIPA/ベアードビール(1Pint:1,000円)
ヴァイツェン/富士桜高原麦酒(1Pint:1,000円)
d0347281_00002020.jpg
インペリアルIPAの、最近は飲んでいないブラウマイスターにも似た「旨みの伴う苦み」はとても好みです。コクと爽やかさを併せ持ち、かつ複雑味もありバランスもとれています。最近飲んだビールの中では一番美味しく感じました。対してヴァイツェンは、とても円やかで旨みのあるタイプ。いい状態の「サントリー モルツ(前のラベル・バージョン)」のようなバナナ香を持っています。

頂いた軽食は以下の通り、

ローストアーモンド(600円)
d0347281_00000688.jpg
塩と黒コショウをガツンと利かせてあり、ビールのアテにはちょうど良い味付け。熱々で供されるのでパリッとした食感になるまで、結構時間が掛かるのが難点です。


トリュフ&エッグ(1,200円)
d0347281_00000077.jpg
美味しい!少し火を入れただけの卵は、黄身の風味が強くトリュフ(&トリュフオイル)の香りに負けていません。


自家製ソーセージ(1,600円)
d0347281_00001696.jpg
ハーブの爽やかな香りとパリッとした皮、もう少し粗びきの方が好みでしたがお肉の味わいはよかったです。こちらもビールには合います。


その後、赤のグラスワインにチェンジ。テーブルに地元のワインを4種類持ってきてくれました。丁寧な説明をしていただけましたが、口コミにあった試飲は無かったです。
甲斐ノワール2014/勝沼ワイナリー(700円)
Kisvin Rubis/キスヴィン ワイナリー(700円)
d0347281_00001170.jpg
甲斐ノワール(主体)はあまり飲んだことのない品種でしたのでオーダー、Kisvinは逆に国際品種のみのブレンドで選びました。こちら、ふくよかさ複雑味があり良かったです。
d0347281_00002871.jpg

最初に本日のおすすめ料理の説明がありますが、とても丁寧で好感が持てます。ただ、地産の野菜を使った料理がおすすめのようですが、単品野菜のでメニューだとその野菜だけでおなかいっぱいになりそうだったので、断念しました。美味しいビールが目的の時は少人数でも問題無いと思いますが、食事がメイン!って時は、しっかりお腹を減らして、または4、5人で訪れて料理やボトルワインをシェアする場合におすすめのお店だと思います。


■フォーハーツカフェ
■山梨県甲府市丸の内1-16-13 ヤマサビル1F
■055-237-7793
■[日、火]11:30~21:00、[水~土]11:30~23:00(LO) 月曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-11-11 00:02 | 食~遠出

旨みあふれるかぼちゃほうとう「小作 甲府駅前店」 oishii

本日の大森ぱとろ~るは、旨みあふれるかぼちゃほうとう「小作 甲府駅前店」です。


ワイナリーからホテルに帰着。夜は甲府のワインが飲めるお店を予約していましたが、やはり甲府に来たからには「ほうとう」を食べなきゃという事で、ホテルの真ん前の「小作 甲府駅前店」さんへ。

ほうとうメニューは、
グランドメニュー
・かぼちゃほうとう(1,150円)
・豚肉ほうとう(1,400円)
・辛豚ほうとう(1,600円)
・きのこほうとう(1,600円)
・鴨肉ほうとう(1,600円)
・ちゃんこほうとう(1,700円)
・辛口カルビほうとう(2,000円)
・猪肉ほうとう(2,100円)
・熊肉ほうとう(3,100円)
オリジナルほうとう
・カレーほうとう(1,500円)
・焼豚ほうとう(1,600円)
・牡蠣ほうとう(1,700円:季節限定)
・あずきほうとう(1,150円)


と非常に豊富。
今回はグランドメニュー中の基本の基本、かぼちゃほうとうと、オリジナルのカレーほうとうを注文しました。
すると、5分も経たずに供されました。早っ。


かぼちゃほうとう(1,150円)
d0347281_17083812.jpg
入っている野菜は、かぼちゃ、子芋、さやえんどう、白菜、ゴボウ、山菜、ニンジン、白ネギ。そして椎茸と。かぼちゃはびっくりする位にゴロッと大きく、鍋の中は殆どが具なのでは?と思えるほど具だくさん。煮干しベースの出汁にお味噌の味わいなのですが、かぼちゃがかなり煮溶けてるイメージのホコホコさと甘味を持っており、旨みが半端ないです。
d0347281_17074364.jpg
麺はかなりの太麺で厚みもそこそこあります。コシこそ強くありませんが、いかにも小麦粉を練ったぞ!的な小麦粉の味わいと出汁をちゃんと吸ってます感があり、とても美味しいです。ほうとう、って名前こそ知ってましたが、実際頂いてみるとと想像の何倍も美味しかったです。


カレーほうとう(1,500円)
d0347281_17075320.jpg
具はゴボウが入っていなくて、替わりに温泉卵が入っています。「カレーほうとう」そのものは、料理として美味しく頂けたのですが、ホコホコな南瓜こそ「ほうとう」らしかったものの、どちらかと言うと旨みのあるカレーきしめんに近いイメージで、「ほうとう」らしさを同じ価格を出して楽しむなら豚肉ほうとうを頂いた方がよかったかな、と思いました。
d0347281_17073871.jpg
d0347281_17075803.jpg

サービスは一般的なそれでしたが、甲府駅前のとっても便利な立地と提供の速さ(且つ、美味しかった)、5%OFFのクーポン券も使えて、何よりも美味しかった!満足です。


■小作 甲府駅前店 (こさく)
■山梨県甲府市丸の内1-7-2
■055-233-8500
■11:00~22:00(L.O.21:10)年中無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-11-03 17:13 | 食~遠出

美味しいワインと眺望を楽しむ「サントリー登美の丘ワイナリー」

本日の大森ぱとろ~るは、美味しいワインと眺望を楽しむ「サントリー登美の丘ワイナリー」です。


甲府駅からのシャトルバス(520円)を利用すると約30分で到着します。ツアーは無料の見学(醸造所見学・テイスティングなし)が2種、そして今回参加した専用バスでの畑&醸造所見学&テイスティングありの有料(1,000円)ツアーがあります。(その他、期間限定ツアーあり)
d0347281_20450461.jpg
まず、バスに乗ってワイナリーの最高標高地点にある見晴台まで登り、畑とそのぶどうについての説明をしていただきます。
その後、醸造所・熟成庫(逆だったかな?)を経て、ワインショップ横にあるツアー用ティスティングカウンターにて試飲です。
d0347281_20443640.jpg
d0347281_20444565.jpg
試飲アイテムは、
1)登美の丘シャルドネ2012年
2)登美の丘 赤2013年
3)マスカットベリーAロゼ 2014年
4)登美の丘ワイナリー産ぶどうを100%使用したぶどうジュース
でした。

登美の丘が美味しいのは知っていましたが、ぶどうジュースにはたまげました。
市販のぶどうジュースとは異なり、ワイン用のカベルネフラン、メルロ、カベルネソーヴィニョンを使っているため、凝縮感と糖度の高さがケタ違いにあります。残念ながらボトルとしての販売は完了していましたが、いつか購入してワイングラスで時間を掛けて楽しんでみたいです。

d0347281_20462380.jpg
その後、ショップ内のテイスティングコーナーで、
1)登美 赤 2011年(60ml:1,600円)
2)カベルネ・フラン 2012年(30ml:450円)
3)ビジュノワール 2013年(30ml:350円)
4)岩垂原メルロ 2011年(30ml:600円)
を頂きました。
d0347281_20461383.jpg
d0347281_20445927.jpg
d0347281_20445390.jpg
登美、黒果実系中心の複雑な香りは樽香と一体となり、エレガントかつ緻密でした。フランはパワー押し感もありましたがその密度はさすが、熟成させてみたいです。ビジュノワールは赤い果実のチャーミングなワインでしたが、価格的にハテナ。岩垂原は日本ワインらしい落ち着いた味わいの中に、ふくよか感、しっかり感、メルロっぽい土っぽさを持っており、好感をもちました(やっぱり少し高いけど)。
d0347281_20451266.jpg
ワイナリーの丁寧な説明とともに、色々なワインが楽しめてとても満足しましたが、
ドロップ・ストップとか、ワインオープナーとか、コルク箸置きとか、もう少し、ワイナリーのオリジナルグッズがショップにあれば、尚よかったです。


ワイナリーからの山岳や市街地の眺めも非常によく、ビジュアル的にも、とても楽しめました。



■サントリー 登美の丘ワイナリー
■山梨県甲斐市大垈2786
■0551-28-7311
■9:00~16:40 水曜、年末年始


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-10-30 20:48 | 食~遠出

元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」

本日の大森ぱとろ~るは、元祖・鳥もつ煮のお店だけど、そばも美味しい「奥藤本店 甲府駅前店」です。


昇仙峡から甲府駅に、乗り合いタクシーにて帰着。予約している登美の丘ワイナリーのシャトルバスの時間までは約40分しかありません。
ささっと昼食を済ませましょう、ということで駅前の奥藤本店に伺いました。こちら、甲府ご当地グルメの「甲府鳥もつ煮」発祥のお店として有名ですが、鳥もつ煮はひとつひとつ注文を受けてから作っていくとのことで断念です。
d0347281_23354334.jpg

甲州流純手打ちそば ざる(630円)
d0347281_23360229.jpg
エッジの効いたおそばでしっかりした(ちょっとプリッとした)食感があります。北海道幌加内産そば粉と、地下深くから汲み上げた富士の天然水を使っている、との「そば」の風味はまずまずでしたが若干冷やし過ぎ?に思えました。
d0347281_23353239.jpg
つゆはしょうゆの風味が強すぎず、鰹や昆布出汁の風味がしっかりと活かされています。食べ終わるころに持ってきていただいた蕎麦湯を入れると、とても円やか、かつ深みのある味わいとなり最後まで美味しく頂けました。
d0347281_23353742.jpg
店内は清潔、接客は丁寧でホスピタリティはよかったです。時間があれば是非鳥もつ煮を頂きたかったです。
次回の宿題、として甲府再訪の理由ができたかな。
d0347281_23355555.jpg


■奥藤本店 甲府駅前店
■山梨県甲府市丸の内一丁目七番四号
■055-232-0910
■11:00~14:30(L.O 14:15)、17:00~20:30(L.O 20:15)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-10-26 23:37 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな