りりたの大森ぱとろ~る

イタリアンの巨匠の片岡護さんのお店「アルポルト」

ランチメニューは前菜5種盛と温前菜、パスタとメインが選べてドルチェ付きで3,330円、前菜が4皿の5,110円、そして料理のレベルを少し上げたシェフお勧め特別メニュー8,450円の三種類。今回はまずはスタンダードな5,110円コースを選択しました。


ヒラメのカルパッチョ
d0347281_21063094.jpg
野菜はトマト、トレビス、ラデッシュ、ルッコラ、細ねぎ、さやえんどう、パプリカ、カステルフランコなどなど沢山の野菜が色鮮やか。二種類の酸味?各野菜に染み込んだ酸味とサラダ全体にかかっているドレッシングの酸味がよいハーモニーでした。また、振りかけられた粒マスタードのぴりっ感がよいアクセントになっています。野菜の食感の違いも面白いです。


カリフラワーのムース、トマトジュレ添え
d0347281_21015724.jpg
濃厚なカリフラワーのムースの上に芝海老の香りが染み込んでいます。トマトのジュレは、酸としての主張があるのにとても柔らかくカリフラワームースの甘味を引き立てています。これはとても美味しいです。


クレープ”ラニエリ風”
d0347281_21015745.jpg
アルポルトの温前菜としては定番のようです、4種のチーズとベシャメルが入ったクレープ。
d0347281_21015716.jpg
中のチーズはベシャメルによくなじんでおり、さまざまなチーズの交じり合った複雑な味わいであるけど癖がなく美味しく頂けました。


穴子のフリット カレーとシェリービネガーソース
d0347281_21015635.jpg
フリットは香ばしくホクホクでサクサク、ビールをが飲みたくなりますね。美味しくいただけましたが、若干カレーの風味が強かったような。


ボスカイオーラ
d0347281_21015606.jpg
「木こり」のパスタ。様々な細かめなキノコが沢山入っていましたが、あまりキノコの風味は感じられず。普通にの具の入ったトマトソース・パスタ、な印象です。ソースは若干甘めで酸味は控えめ、コクはちゃんと出ていました。また、ボリュームはたっぷりありました。


ブラウンマッシュルームのラグーソース トリュフ添え(+1,180円)
d0347281_21015588.jpg
こちらはしっかりと煮込まれてあったのか、しっかり森の香りなのだけどどこか軽快なブラウンマッシュルームのの風味はしっかりあり、たっぷり掛かった黒トリュフの風味と合わせてなかなか食べごたえがありました。


レバー入り秋田県産比内地鶏のロールロースト じゃがいものピューレ添え
d0347281_21015584.jpg
追加料金なしで選べたお肉はこの料理と豚のロースト。お肉は、真ん中にレバー、周りをモモ肉、外側に皮をロール状に巻いています。周りの皮が厚めで生っぽくて少し残念、パリッとして欲しかった。鶏も締まっているいるというよりも固かった、鶏の出汁ソースは悪くなかったですが、味わいと構成に捻りがあまり感じられませんでした。


黒毛和牛ロース肉のタリアータ(+1,330円)
d0347281_21015490.jpg
d0347281_21015486.jpg
お肉はもっちりとした食感で肉の旨みもあり、美味しかったです。付け合わせのルッコラ、さやえんどう、ベラロディチーズとのコンビネーションも悪くはありません。赤ワインソースも良かったですが、もう少しボリュームが欲しかったです。


ドルチェット・ダルバ・プリアヴィーノ2013/ロベルト・ヴォエルツィオ(7,120円)
d0347281_21012143.jpg
ソムリエの方にお勧めしていただいたうちの1本で、バランスがよく食事に合わせやすかったです。最後の方になるとすごくまろやかに香りが開き、とても満足。ヴォエルツィオのワインは久々で嬉しかった。


ドルチェ盛り合わせ
d0347281_21012294.jpg
ティラミス、チョコ&バナナのタルト、マンゴーのソルベ。ティラミスは卵黄が多くマスカルポーネ少なめでちょっとふわふわ。タルトとマンゴーのソルベは美味しかったです、エスプレッソも。
d0347281_21015335.jpg
アンティパストはどれもアルポルトらしさっていうのか面白い料理でしたが、プリモからセコンドにかけてはとてもスタンダードな印象で、イメージしていた「片岡護のアルポルト!」的なインパクトはなかったです。しかしながら、思ったより暗めでお店の雰囲気は上品で落ち着いていますのでデートに使うには良いかも。(今回はたまたま?業界人っぽい方が近くで大声で煩かったですが)
サービスの方もかなり多いため待たされることなく、料理の出も早かった(すぎ?)です。



■アルポルト
■東京都港区西麻布3-24-9 上田ビル B1F
■03-3403-2916
■ディナー 17:30~23:00(L.O.21:30) ランチ 11:30~15:00(L.O.13:30) 月曜・第一火曜定休
■http://www.alporto.jp/


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2017-01-25 21:00 | 食~イタリアン

駅近で安くて美味しいモーニング!「Espressamente illy 京都駅店 」

お正月の帰省、朝早めの新幹線で京都へ。朝食は軽く食べてきたのですが、珈琲を飲んでなかったのと昼ごはん計画を立てるため入りました。
モーニングは、A:ホットサンドセット(450円:4種より選択)、B:トーストセット(厚切りトースト、ゆで卵、サラダで550円)、C:オムレツ&バケットセット(ベーコンオムレツ、サラダ、石窯バケットで580円)からの選択になります。

ホットサンドは、セサミサンド(ハム&ポテト)、セサミサンド(ツナチェダー)、オープンサンド(エッグサラダ)、クロックムッシュからの選択ですが、ハム&ポテトとクロックムッシュは売り切れ、残りの二つを頂きました。

ドリンクは、ダブルエスプレッソ、カプチーノ、珈琲、紅茶、ブラッドオレンジジュース、グレープフルーツジュースからの選択となります。

ツナチェダー
d0347281_20285958.jpg
パンのセサミがしっかり効いてて、ツナチェダーはふわっとした食感の中にもチェダーっぽいコクがあり、大変良かったです。選択の余地あったらおそらく選んでいなかったと思いますので、ちょっと当たりクジを引いた嬉しさ感がありました。

エッグサラダ
d0347281_20285344.jpg
トマトはもちろんですが、卵にアスパラガスってのがイタリアっぽくて良いです。またアスパラの食感が良い感じに固くて嬉しくなります。プチトマトも甘い!こちらも予想以上にGood!
d0347281_20284666.jpg
d0347281_20283834.jpg
エスプレッソ及びカプチーノも流石に「illy」の味わい、文句なしです。
d0347281_20290796.jpg
一応分煙ですが、入り口がオープンな半分煙なのが唯一の欠点のように思えます。
気軽にお安く、美味しいものをいただきました。八条口側の階段を降りて直ぐの所にありますので、皆さんもどうぞ。

■Espressamente illy 京都駅店
■京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3
■075-693-4310 予約不可
■[月~金]7:00~22:30 [土・日・祝]7:00~22:30 年中無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
# by ririta13500g | 2017-01-09 20:30 | 食~遠出

キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」

本日の大森ぱとろ~るは、キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」です。


この鳥一代さん、他に新橋や恵比寿にもあるようですが、田町駅の芝浦側にあるこちらが本店のようです。参鶏湯で有名なお店のようですが、りりたは「キジ焼き丼」しか利用した事がありません。
d0347281_00470311.jpg

キジ焼き丼(750円税込)
d0347281_00471281.jpg
丼の表面は、キジ(って名がついているので、多分)の腿肉(おそらく)と、鶏そぼろで丼が覆われています。
d0347281_00470746.jpg
キジ肉はその層が2.5cm位の厚みがあり、ごはんを頂くまでには結構キジを食べて掘り下げる必要があります。お肉は多少ぱさついているものの、甘辛いタレの味わい(ご飯にもしっかり塗られている感じ)でかなりインパクトのある味わいとなっています。
d0347281_00472378.jpg
その分途中で飽きてくるのですが、卓上の柚子胡椒とお漬物、そしてささみの入ったグリーンサラダ、みそ汁を活用すると最後まで美味しく頂けます。
d0347281_00471741.jpg
普通盛の他に、大盛、特盛、爆盛もあるとのことですが、りりたは2重の意味で普通盛で十分満足です。


平日の12時40分頃入店だったのですが、50席位あるにも関わらずりりた分を入れて、残り4席で満席でした。また、お店をでた12時過ぎには10名以上の行列ができていました。回転は悪くないようですが、お昼は早い目の方がよさそうです。


■鳥一代
■東京都港区芝浦3-13-18 ト-ホ-ビル2F
■03-3798-3400
■[月~金]昼 11:30~14:00 夜 17:00~23:00 (LO 22:30)
 [土] ランチは休み 夜 17:00~22:00(LO 21:30) 日祝祭日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-12-28 00:44 | 食~和食

ほくっとした食感と香り立つタレ「野田岩 大森店」

本日の大森ぱとろ~るは、ほくっとした食感と香り立つタレ「野田岩 大森店」です。


香ばしさが好きなりりたは、うなぎは関西風を好んでいます。が、せっかく東京にいるのだから東京の名店を訪れてみよう、と野田岩の大森店さんへ伺いました。
土曜日のお昼をかなりすぎていましたが、7割程度(&2階では宴会?)の入りでした。

鰻重は並・上・特上の3種類ですが、それぞれ鰻の大きさにより2種類に分かれています。白焼きも頂きたかったので口直しと白焼きがついている松定食、そして上鰻重を注文しました。

松定食(6,100円外税)
 白焼き
d0347281_00352602.jpg
白焼きは、しょうゆとわさび、そして塩の好みで頂けます。りりた的には、しょうゆとわさびはそれぞれの風味が強すぎる為、断然塩がよいと思います。身はそんなに厚くありませんがホクホクしており、あっさりと淡泊さをも感じる中にも、僅かな塩で鰻の味わいが強調・協調されます。

 口直し
d0347281_00353351.jpg
d0347281_00353970.jpg
おくらと山芋は清涼感がありました。また、ごぼうは柔らかくもしっかりと繊維を感じる、いい感じに煮込まれておりしょうがの味わいも強すぎず良いバランスでした。

 鰻重
d0347281_00362289.jpg
より高価な寿定食には上鰻重とありますので、こちらのものは通常の鰻重となります。が、上鰻重と比べてもちょっとだけご飯の見える割合が多いかな、レベルのボリュームがあります。
鰻は白焼きと同様にふわっと仕上げられていながらも脂はしっかりのっており、臭みはなくとても上品に焼かれています。タレはさすが東京?で、醤油の味わいが強く感じますが、とても良い香りでそれがまた鰻にあっているんです。これはとても美味しいです。美味しい鰻に西も東もないですね。
唯一残念だったのが、ごはん。水分が多く少しべしゃっと感じました。

肝吸い
d0347281_00372231.jpg
 濃い目の出汁ですが、鰻重とあっていました。
d0347281_00372712.jpg

上鰻重(の並:3,300円外税)と肝吸い(320円外税)
d0347281_00362910.jpg
器の大きさは殆ど鰻重と同じ(ちょっと大きい?)でしたが、より密度をもって鰻が敷かれていました。印象は定食の鰻重と同じでしたが、これだけでもボリュームは十分にありました。
一番お安い鰻重は2,500円。今時スーパーでも国産ウナギなら一匹2,000円位しますが、こんな美味しい鰻が頂けるなら、家で食べる気がしませんね。

d0347281_00373394.jpg
サービスはさすがに一流のお店だけに、そつがなくまとまっている感じです。
サービスの方が厨房にオーダーの際、〇番テーブル?さん「鰻重3300を一つ」と金額で依頼します。適切なんでしょうが、そのあたりちょっと寂しいです。



■大森 野田岩 (おおもりのだいわ)
■東京都大田区大森北1-30-8
■03-3761-4110
■11:30~14:00、17:00~20:00 水曜・最終日曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
# by ririta13500g | 2016-12-26 00:39 | 食~大森ぱとろ~る

焼きメレンゲ菓子の生ロカイユに舌鼓「ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店」

本日の大森ぱとろ~るは、焼きメレンゲ菓子の生ロカイユに舌鼓「ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店」です。


フランスのマルセイユに本店を持つパティスリーで、日本では広尾に次いで二番目のお店となります。メゾン ルパンミュラで楽しい食事を楽しんだ後、更にドルチェを頂きに・・・。名物は生ロカイユ。
d0347281_22213592.jpg
メレンゲをカリッと焼き上げる通常のロカイユと違って、外側はカリッと、でも中身を少し生っぽいトロッとした食感のまま残したものです。バニラ、チョコ、カフェ、ココナッツのうち、日替わりで2種類が作られます。通常のロカイユはいつでも購入できますが、生ロカイユの焼き上がり時間は7時30分、14時、18時の3回のみで一人8個迄限定、土曜日の14時15分位前の到着で30人くらいの行列でした。

さて、お味の方ですが、
d0347281_22211535.jpg
バニラは予想通りのカリッ・フワッの食感。甘いメレンゲ菓子ということで味わいに複雑さはないですが、予想以上にヘーゼルナッツが沢山入っており、食感も含めてとても良かったです。
d0347281_22212728.jpg
d0347281_22210715.jpg
もう1種類はココナッツでしたが、そちらにはナッツは入っておらず、個人的にはバニラの方が好みでした。

ついでに期間限定のシューシトロンを購入しました。
d0347281_22215298.jpg
シュークリームにレモンピールがかかっており、すっきりした酸味を効かせています。クリームもシトロン味だった、かな。キイチゴのジャムがアクセントに入っていました。
d0347281_22214610.jpg
生ロカイユは恐らくこちらだけで販売されている珍しいお菓子なので、駅からも遠くない立地なので、ちょっとしたお土産に使うのがよいのかな、と思います。もちろん自分用に1個、別袋に入れてもらいますが。


■ラ・メゾン・ジュヴォー KITTE名古屋店
■愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 1F
■052-433-2178
■7:30~21:00


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
# by ririta13500g | 2016-12-13 22:19 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな