りりたの大森ぱとろ~る

京都の王道フレンチ!「ぎをん萬養軒」

本日の大森ぱとろ~るは、京都のフレンチの老舗「萬養軒」です。
私が子供の頃初めてこのお店に行ってから四半世紀はとうに過ぎました。ちなみにお店はすでに開業から1世紀以上・・・
ランチは4000円と6000円の2コースから選べます。(税サ別)
今回は6000円のコースを選択しました。

■アミューズ うにのムース
外食の醍醐味ってこれよねー!!と思わずため息がでる一品でした。
ムース・生うに・ジュレの濃厚な3層がちいさなグラスに収められていて、小さいのに大満足の美味しさでした。
d0347281_00331414.jpg
■オードブル盛り合わせ
えび、白身魚のカルパッチョ、いろいろ夏野菜。
海老の味が濃い!蒸しただけなのだろうと思うのですが、殻の旨みが身に移っていてとっても濃厚でした。
d0347281_00331537.jpg

■エスカルゴ
アラカルトならともかく、エスカルゴがコースに組み込まれているお店って、珍しいのではないかと思います。
軽めのフレンチのお店が多い中で、「うちは王道フレンチだもんね」というちょっとした主張を感じます。
お味ももちろん、王道のおいしさです。バターとニンニク・パセリに殻の旨みがじゅわ~と溶け出し、パンでぬぐって食べる幸せを噛みしめました。
d0347281_00331595.jpg


■ビシソワーズ&コンソメジュレ
安心のおいしさ。冷製スープです。
d0347281_00331588.jpg
■スズキと帆立貝のポワレ ケイパー風味
スズキは普通でしたが、帆立貝がとっても美味しい!外側だけカリっと香ばしくソテーし、中はあまり火を通さずしっかりむっちりした食感です。
d0347281_00331653.jpg
■仔牛のソテー
ソースは普通の赤ワインソースかと思いきや、粒マスタードがたっぷり入っていていい感じに酸味がきいています。
どんな肉にでも合うソースかと思います。
仔牛は普通でした・・・
d0347281_00331666.jpg

■デザート
桃のコンポートと、ミルクティーのアイスクリーム、ふわふわに泡立てたカスタードクリームでグラタン風に仕立ててあります。
メインがちょっと少な目だったのに対して、たっぷり感のあるデザートでした。でも軽くて美味しいからぺろっと食べてしまいました。
d0347281_00331701.jpg
■コーヒーとお菓子
これは普通。
d0347281_00331806.jpg
■グラスワイン
グラスワインは赤と白それぞれ3種類、いずれも千円前後のものがメニューに載っていました。
たっぷり注がれるので、けっこうリーズナブルだと思います。
ソーヴィニヨン・ブランを選びましたが、とっても美味しかったです。

昔は寺町通りにあったのですが、何度か移転して現在は花見小路へ。店名も単に”萬養軒”だったのが”ぎをん萬養軒”に変わり、デパートにも支店展開をしたりと急激に変わりました。
その頃行ったらものすごく味が落ちていて、それ以来行ってなかったのですが、今回行ってみたら美味しかったので、嬉しかったです。
カトラリーやお皿はよく使い込まれて細かい傷がいっぱいあって、いい味が出ています。こういうところが老舗らしいですね。

コスパもとてもいいと思います。
老舗ですが敷居の高いお店ではなく、ほどよいサービスで、心地良いです。
是非、行ってみて頂きたいと思います。



■ぎをん 萬養軒(まんようけん) 本店
■TEL:075-525-5101 FAX:075-525-9077
■京都市東山区祇園町南側570-120 2F (祇園歌舞練場前)
■12:00~14:00(L.O 13:30)、17:00~20:30
■定休日 / 火曜日・水曜日


[PR]
# by ririta13500g | 2017-08-20 00:42 | 食~フレンチ

焼きたてナンがおいしい!マンダラ2nd (マンダラセカンド)テイクアウト編

本日の大森ぱとろ~るは、「焼きたてナンがおいしい!マンダラ2nd (マンダラセカンド)テイクアウト編」です。
こちらも「ザ・カリ」と同じく新橋のカレー名店の一つで、当然ランチタイムも混みますが、テイクアウトだと早いです。
カレーは、店内で食べるのと同じ種類・辛さから選べます。
今回はチキン(普通の辛さ)850円を選びました。
d0347281_15005689.jpg

焼きたてナンがおいしいです。食べているうちに冷めてきますが、冷めてもおいしい。
たまに、大きくみえるだけでスカスカのナンをみかけますが、こちらはしっかりむっちりナンです。
テイクアウトだからといって大きさに容赦はないのでご注意を。
ちなみに、黄色いのはターメリックごはんです。ボリューム的に無理です。(家に持って帰りました)
カレーももちろんおいしい。「普通の辛さ」だと、全然辛くなかったので、次はちょっと辛めにしようかな。

■マンダラ2nd (マンダラセカンド)
■03-5401-3465
■東京都港区新橋6-7-2 ヤマトヨビル 1F
■ランチ:月~土 11:30~14:30(LO)、ディナー:月~金 17:30~21:30(LO)
■日・祝休み

[PR]
# by ririta13500g | 2017-08-05 14:55 | 食~カレー

スパイスィ~!テイクアウトが便利な「ザ・カリ」

本日の大森ぱとろ~るは、”スパイスィ~!テイクアウトが便利な「ザ・カリ」”です。

カレー好きなら一度は食してみたいと思う名店の一つですね。
大阪在住時に一度訪問しましたが、平日昼のみの営業という事でハードルの高さはあまり変わっていない?今回は、テイクアウトにて利用、チキン(750円)を選択しました。
d0347281_15060440.jpg


メニューではチキンは「やや辛」との事ですが、けっこう辛い!けどあとに残らない辛さなので、どんどん食せます&汗が噴き出ます。そんなスパイスの妙と、辛さの背景には玉葱の自然な甘味もあって、前回の印象と同様、美味しく頂けました(前回はビーフでしたが)。

平日昼のみの営業でしかも新橋という場所柄、ランチタイムの激戦には勝てないとはなから諦めてしまいそう。
でも店内で頂くのと異なり、テイクアウトは回転が速いです。先にお会計をすませしばし待つと「はい、チキンの人~」などと呼ばれて渡してくれます。実際、平日昼12時10分頃に行きましたが5分ほどで購入できました。

あえて改善要望を言うならば、テイクアウト容器とスプーンでしょうか。
ごく浅い容器にごはんとカレーが別エリアに入っていて、しかも添付のスプーンは先割れタイプなので、この店の特徴であるさらさらカレーをすくうことができません。
スープカレーの要領で、ごはんをすくってから、カレーに浸す方式で食べるのが良いかと思われます。

次回は、季節メニューにもチャレンジしたいです。

■ザ・カリ (The KARI)
■東京都港区新橋5-31-7 中村ビル 1F
■03-3437-2526
■営業日 月~金 11:30~14:30
■休業日 土曜・日曜・祝日

[PR]
# by ririta13500g | 2017-07-30 21:36 | 食~カレー

たっぷり”香る”!「hajimenoippo 2 (はじめのいっぽ セカンド)」

本日の大森ぱとろ~るは、にんにく専門店「hajimenoippo 2 (はじめのいっぽ セカンド)」です。
「2日後まで香るよ」という友人の言葉に恐れをなし、金曜夜に突入しました。

「ガーリックトースト」
d0347281_18260386.jpg
お通しがわりの1品。予想どおりのお味。
オリーブオイルたっぷりで、これだけでおなかがけっこう満足します。
お腹がすいている状態でお酒を飲むと酔いがはやく回ってしまいがちですが、このガーリックトーストのおかげで、ゆっくり楽しむことができました。

「青森県天間林産にんにくの丸揚げ」
d0347281_18261416.jpg
こちらの名物。にんにくの丸揚げです。
ソースは、甘い味噌、ゆず胡椒、黒七味&塩&胡椒&オリーブオイル(?)の三種。七味ソースが気に入りました。
ピリッと香ばしくて、しっとりねっとりしたにんにくによく合っておいしい!

「筍とほたるいかと茗荷の炒め物」(料理名は不確か)
d0347281_18262298.jpg
こちらもおいしい。
筍は名産地出身の私としてはいまいちの品質ですが、ガーリックがほどよくひかえめで、食材とのバランスがよく、おいしかったです。

「岩中豚肩ロースのグリル」
d0347281_18262782.jpg
ストウブに、キャベツを引いて、その上に豚肉がどーん!と乗っています。
火の通し加減は少しゆるめ。やわらかくてとても美味しい。ブラックオリーブがいい感じで効いています。
にんにくはふんわり香るレベルです(感覚がマヒしてきたのか)。

「8種の野菜のサラダ」
d0347281_18265441.jpg
特製のにんにくドレッシングがかかっています。
上にのっているスライスしたにんにくは、ピクルスにしてありました。
本当はクレソンとくるみのサラダが食べたかったのですが、品切れとのことでした。

「自家製にんにくのアイスクリーム」
d0347281_18270084.jpg
意外なことに、これが一番、”にんにく”を実感。
なかなか不思議な味でしたが、意外にいけます。びっくり。

「しそのシャーベット」
お口直しにとサービスで提供されています。しそがとてもフレッシュな風味でおいしかったです。

で。。。気になる「香り」の話。
食事を終え、友人と別れてからは電車の中では口をぎゅっと閉じておとなしくしてやりすごし、
最寄駅で電車を降りたとたん、ぶわっとのどの奥から香りがたちのぼりました。
家族からは「よるな」「しゃべるな」「こっちくんな」という扱いを翌日夕方まで受け続けましたので、
翌日に人と会う予定がある方はやめたほうがよさそうです。
全部おいしかったので、また今度違うメニューにもチャレンジしたいです。

■hajimenoippo 2 (はじめのいっぽ セカンド)
■TEL 03-3260-5747
■東京都新宿区神楽坂3-6 金井ビル B1F
■18:00~23:30(L.O.22:30)


[PR]
# by ririta13500g | 2017-06-04 18:38 | 食~洋食

限定チャーハンを食べてみたい「MADE IN JAPAN かにチャーハンの店 エキュート大宮店」

本日の大森ぱとろ~るは、限定チャーハンを食べてみたい「MADE IN JAPAN かにチャーハンの店 エキュート大宮店」です。

d0347281_00443265.jpg
大宮で乗換の間に食事を、という事で予め調べておいたチャーハンの専門店へ。13時を大きく過ぎていましたが、数名の待ち。しかしながら、10分も経たないうちに席が空きました。さすがに駅ナカグルメ、回転が速いようです。


かにかにチャーハン(840円税込)
d0347281_00432957.jpg
初めてという事で、一番スタンダードそうなものを頂きました。チャーハンはネギときゅうり、卵のシンプルな構成でてっぺんにカニ缶の中身が押し付けられているような、ちょっと微妙なビジュアル。
d0347281_00434159.jpg
おネギときゅうりの割合もよく水っぽさは皆無、よって米粒はパラパラとしており食感はよいです。カニの量は多かったですが、乗せているだけなので「チャーハンとかに」という味わいでもう少し一体感が欲しい印象でした。


かに焼売&肉汁餃子2個(+240円:Cセット)
d0347281_00435409.jpg
チャーハン大盛りとどちらにしようかと思ったのですが、メニュー写真の焼売がとても美味しそうだったのでこちらにしました。結果、ちょっと残念だったかな。というのは、チャーハンもそうでしたが、かには乗っかっているだけという印象で、焼売本体は肉々しい味わいがメインで海鮮・甲殻の味わいがあまり感じられなかったからです。また、餃子も「肉汁・・・」と命名している程(良かった時の)ぎょうざの王将の「じゅわーっ」的な肉汁感はありませんでした。

ちなみに、デフォルトで付いてくるお味噌汁にもしっかりカニが入っていました!
d0347281_00434750.jpg
全体的に楽しめましたが、食べた後も長めにチャーハンの味わいが残っていましたので、化調はしっかり入っていると思います。しかしながら、手軽に、素早くいただけるという駅ナカグルメとしては再訪の価値はあるかな、と。
d0347281_00440446.jpg
「たらばチャーハン」や「かにみそチャーハン」等、いろいろ限定商品が充実しているようなので、それを食べてみたいです。


■MADE IN JAPAN かにチャーハンの店 エキュート大宮店
■JR大宮駅、南側構内「エキュート大宮」内
■048-648-8762
■[月~土]7:00~22:30[日・祝]7:00~21:30 無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
# by ririta13500g | 2017-01-27 00:45 | 食~中華

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな