りりたの大森ぱとろ~る

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鰻の食感はとても柔らかく、バランスの良いタレ「はせ川」

本日の大森ぱとろ~るは、鰻の食感はとても柔らかく、バランスの良いタレ「はせ川」です。


店内は落ち着いた雰囲気で、テーブル間も広く寛げる空間となっています。
d0347281_21195591.jpg
メニューにはうな重、かば焼きの各種に加え、白焼、柳川等の一品料理、そしてコースも設定されています。
今回は、「白焼」、うな重の「松」と「上」を食べ比べてみました。

白焼(梅:1,550円)
d0347281_21191706.jpg
こちらはこの「梅」と「竹」がありまして、ちいさな「梅」の方です。
とてもホコホコと蒸しあげられており柔らかなのですが、「梅」だからなのか、少し身が薄いです。
わさび醤油がついていますがすこし味が強いので、少しわさびを乗せて頂くのが美味しいと思います。

うな重(きも吸い、お新香付き、松:2,900円、上:3600円)
d0347281_21214184.jpg
違いはウナギの大きさ(ボリューム)のみとのこと。器もちょっと違います。(特上:4,400円はもうちょっと良い器のようです)
白焼と同様、とても柔らかく仕上げられています。関西の蒲焼は「ぷりっ」としています(んで、ちょっとタレは甘め)、また名古屋もそれに近いですが脂分が強く「ぱりっ」としている感覚(印象)です。
対して、こちらの鰻は白焼と同様にとても柔らかかったです。タレも関西のちょい甘、名古屋のインパクト風でもなくバランスが取れている感じに思いました。
また、山椒は器良し色合いよし、風味とすーっとした風味と適度なぴりぴり感よし、でした。
d0347281_21200783.jpg
d0347281_21204712.jpg
香の物は色々な種類がたっぷり入っていました。たいてい、種類や量が控えめな香の物ですが、こちらはしっかり。これも良し、です。
でも、ちょっと疑問なのは、タレでごはんを食べる(?)関西と異なり、お新香でごはんをいただくのかな?

接客は丁寧で適度な距離感があり、よかったと思います。
鰻の柔らかさ、タレのバランスが関東の特徴なのか、はせ川さんの特徴なのかは、近々別のお店を訪問して明確にしてみたいです。



■はせ川
■東京都大田区大森西2-4-4
■03-3761-5282
■11:30~14:00 17:00~20:30 水曜定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-22 21:17 | 食~大森ぱとろ~る

スパイシー&旨み系の「カリーライス専門店エチオピア 本店 」

本日の大森ぱとろ~るは、スパイシー&旨み系の「カリーライス専門店エチオピア 本店 」です。


テーブルに着く前に食券機があり、ちょっと迷いながらもサンプルが美味しそうだった「野菜」&インドカリーといえば定番の「チキン」、そしてあまり見ないインド風の「ビーフ」を購入しました。
d0347281_21084416.jpg
ところが、テーブル上にちょっとした解説付きのカリーメニュー(&サイドメニュー)。もう選んだ後やん!と突っ込みを入れながらお皿を待ちます。


ジャガイモ
d0347281_21090078.jpg
最初に出てきたのはジャガイモ。このあたりのカレーは皆こうなのでしょうか。確かボンディでもボンナペティでそうだったような。
残念ながらジャガイモは湯で置きなのか冷めています。折角バターつけてくれているのだから、ほっこほこで頂くと美味しいと思うのですが。

チキン+野菜カリー(1,260円)
d0347281_21091229.jpg
最初なので標準的な辛口ということで「3倍」を頼みました。最高に辛い70倍でも同じ価格、ということで良心的ですね。
チキンカリー+360円で野菜がついてきます。プチトマト、舞茸、ブロッコリー、キャベツ、茄子、ピーマン、ひよこ豆等の野菜がごろごろ入っています。微妙に大きさが違っていて、ちょっと食感にも変化があるのが良いです。よくルーに絡んでいる野菜たちは、そのもの味わいに加えてルーに旨みが良く移っている気がします。対して「具」としてのチキンは普通だと感じました。

カリーはインド風らしくさらっと系。スパイシー!!っていうよりも旨みを引き立てるタイプで美味しかったです。ただ、ご飯の量に比べて少しルーが少ないのは残念でした。


ビーフカリー(900円)
d0347281_21092883.jpg
お肉は脂身の感じられない、ほろほろな腿肉。ひょっとしたら外国産肉の臭みをスパイスがいい感じで消してくれているのかもしれませんが、大ぶりのそれが、ごろごろ入っていて、価格以上の値打ちを感じました。インド風ルーとの相性も意外と良く、これを食べにくるファンの気持ちがわかる、一杯でした。

d0347281_21094532.jpg
日本有数のカレー激戦地である神保町での人気店ということで、スパイシーなインパクトのあるカレーというイメージを勝手に想像していました。ところが実際に頂いてみると、スパイシーながらも素材の旨みがしっかり感じられる滋味系をも感じられるカリーという事で、よい意味での誤算となりました。



■カリーライス専門店エチオピア 本店
■東京都千代田区神田小川町3-10-6
■03-3295-4310
■[月~土]11:00~22:30(L.O.22:00)
[日・祝]11:00~21:00(L.O.20:30)無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-19 21:10 | 食~カレー

珈琲通への長い道「ブルーボトルコーヒー」

ホットのドリップ珈琲は本日のSingleOrigin、本日のblend、ラテの3種類のみ。
SingleOrigin(550円)とblend(450円)を一杯ずつ所望しました。


エルサルバドル・アイーダバティエ・タンザニア ナチュラル(550円)
d0347281_00123765.jpg
本日のSingleOriginはこのコーヒー。
「ストロベリーを思わせるフルーティな香り。ナッツやカカオが重なりあった柔らかいテイストで紅茶のような余韻も楽しめます」とはHPから。
その酸味がひょっとしたらストロベリーと言えなくもないかもしれませんが、味わいのバランスがイマイチのカフェインレスコーヒー・・・みたいな感想となりました。
d0347281_00130949.jpg
しかし、ミルクを少し多めに入れると実に美味しく変化しました。
なかなか珈琲通にはなれそうもありません。


ベラ・ドノヴァン(450円)
d0347281_00125266.jpg
本日のブレンドはこれ。
「上品なコクと赤い果実を思わせる風味、バランスの取れた味わい。当店で最も人気のドリップコーヒーブレンド。」はHPから。
自分的にはしっかりとしたコクとボディをもったマッシブなコーヒー、です。美味しかったです、でも謳い文句とは全然異なる・・・とほほです。


スタッフの動きがひとめでわかる360度カウンターのアイランド方式。長いカウンターで二人のバリスタがそれぞれ3つのハンドドリップを同時に行っているパフォーマンスが面白いです。

■ブルーボトルコーヒー 新宿
東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan SHINJUKU 1F
03-5315-4803
08:00 ~ 22:00


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-06-12 00:08 | 食~パン

やはり出来立ては美味しい!「渋谷チーズスタンド」

前出のガッルーラのHPにてメニューを見ていたところ、「東京ブッラータ」の文字が目に入りました。
おぉ東京で作っているんだ?と探し当て、こちらのお店へ。
土曜日、11時開店の10分前に到着しましたが既に10名あまりの行列でした。


出来立てモッツァレラ&リコッタT(640円)
d0347281_00034977.jpg
d0347281_00041453.jpg
モッツァレラは全体的にはしっかり目の食感で、噛みしめると新鮮なミルクの凝縮した美味しさが溢れてくる感じがします。
d0347281_00043088.jpg
リコッタチーズはほこほこしてて、やはり新鮮さがストレートに感じられます。
モッツァレラにはオリーブ、リコッタのにははちみつがついていますが、少なくともモッツァレラはちょっとの塩で頂くのが一番でした。


たっぷりトマトとブッラータ オレガノ添え(1,680円)
d0347281_00045372.jpg
スプーンを入れて中を開けてみると、溢れる生クリームとその中に蕩けてるモッツァレラがみにょ~ん。素晴らしいビジュアルです。勿論、味わいもとてもとてもミルキーです。付け合わせのトマトも甘くて美味、ボリュームもたっぷりで満足の一皿でした。
プーリアのアンドリアで頂いた水牛のブッラータ程の濃度と粘りはありませんが、ここまで新鮮なものが食べられるのは素晴らしいと思います。

連続写真
d0347281_00051877.jpg
d0347281_00053305.jpg
d0347281_00054387.jpg
d0347281_00055235.jpg
d0347281_00060229.jpg
ハウスワイン白(540円)とワインスプリッツァー(500円)
d0347281_00061735.jpg
すっきりとした白で酸味が強すぎずチーズを邪魔しない感じ、スプリッツァーも同じワインを使用しているようです。
d0347281_00063849.jpg
キャッシャーでの前金制です。一組ずつ注文して生産してから席に着くため、一通り満席になるまで結構時間がかかります。
また、料理の出がそんなに早くはないため一巡目に入る事が出来なかった場合、ちょっと長時間待ちは覚悟しておいた方が良いかも。




■渋谷チーズスタンド
■東京都渋谷区神山町5-8 ステラハイム神山 1F
■03-6407-9806
■[火~土]11:00~23:00(L.O.22:30)
[日・祝]11:00~20:00 月曜日(祝日は営業、翌火曜日休み) 臨時休業



[PR]
by ririta13500g | 2016-06-09 00:07 | 食~イタリアン

フルーツ屋さんのフラッペ!「フルーツ・ブティック ゴトウ」

本日の大森ぱとろ~るは、フルーツ屋さんのフラッペ!「フルーツ・ブティック ゴトウ」です。

今回の名古屋食べ歩き、もう一店ありました。
フラテッリ・ガッルーラで昼食を楽しんだのち、大須のB級グルメを楽しむ前に池下へ。在住時に行けなかったフルーツ・ブティック ゴトウさんのフラッペに初チャレンジです。
気温はかなり上がってきていましたので行列覚悟でしたが、ぎりぎり最後の2席に滑り込めました。


イチゴのフラッペ(550円)
d0347281_13325699.jpg
イチゴが半切れ×3、果肉が混ざったシロップはとてもキレイなビジュアルですね。
イチゴは特に甘い、っていう程ではありませんが適切な酸味があり美味しかったです。また、氷は柔らかめでしっとりとした食感でした。
食べるにつれて、ちょっと味わいが薄れてくるのがこのタイプのフラッペではしょうがない、かな。


愛媛ブラッドオレンジフラッペ(550円)
d0347281_13325229.jpg
国産のブラッドオレンジがあるんだ!とこれに決めました。ブラッドオレンジの味わいの強さというか濃厚さはイタリアの物程は感じませんでしたが、味わいはしっかりブラッドオレンジのそれでした。写真を撮っていたから、というのもありますが少し溶けるのが早い気がしました。
ちなみに、
宮崎マンゴーフラッペは1,500円。ある意味、安いです。
d0347281_13330248.jpg
500円あまりで果実味たっぷりのフラッペはお得感があると思います。
帰りに愛媛ブラッドオレンジを1個、買って帰りました。200円でした。


■フルーツ・ブティック ゴトウ
■愛知県名古屋市千種区春岡1-5-5 ゴトウ888ビル 1F
■052-751-2132
■パーラー10:00~19:00(L.O.18:30)第三日曜日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-05 20:30 | 食~遠出

バランスが取れたクリーミーな担々麺「杏亭」

本日の大森ぱとろ~るは、バランスが取れたクリーミーな担々麺「杏亭」です。


名古屋在住時になんやかんやで来れなかったお店。今回の帰省ついでの食べ巡りの最後を飾ったお店です。
大須でいろいろ頂いていましたので、目的の担々麺のみの夕食となりました。


担々麺(汁あり:800円)
d0347281_21142318.jpg
照明の影響もあるかもしれませんが、普通の担々麺のイメージよりも黄色的な色合いが強く感じます。
d0347281_21151114.jpg
麺は細めの緩カーブ。食感は弱くはありませんがコシが強いわけではない、あまり主張を感じないというか「スープの邪魔にならない麺」な印象を受けました。
d0347281_21145882.jpg
スープは豆板醤的な味わいと白ゴマ、麻辣油の風味がうまくバランスとれている印象。濃厚でクリーミーなのですが、刻み葱が沢山入っていて清涼感を与えてくれるせいか、全くくどさを感じませんでした。美味しいです。


四川麻辣担々麺(汁あり:850円)
d0347281_21144247.jpg
おそらく普通の担々麺に花山椒がたっぷり掛かっているタイプです。こちらはやはり鉄分感や適度な痺れ感が加わり、それの感覚を求める方にとっては先の通常担々麺は物足りなく感じると思います。私はコチラ派です。
d0347281_21152551.jpg

駅から歩いて10分程なので、帰省の行き帰りにでも寄り易いそうです。
次回は汁なしにチャレンジします。


■杏亭
■愛知県名古屋市中村区亀島2-13-1
■052-453-2344
■[月~土] 11:30~14:00(L.O.13:45) 17:30~21:30(L.O.21:00)日祝定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)





[PR]
by ririta13500g | 2016-06-02 21:12 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな