りりたの大森ぱとろ~る

カテゴリ:食~遠出( 27 )

食べてみて納得「たこ咲」

本日の大森ぱとろ~るは、食べてみて納得「たこ咲」です。

久々の名古屋でランチの後、ドニチエコ切符を買って大須へ。
d0347281_21564870.jpg
名古屋No1たこ焼きの呼び名も高い「たこ咲」さんにおじゃましました。
前知識が殆どない状態で訪れたのでその屋台的外観にびっくり。
d0347281_21563762.jpg
高評価も、昔懐かし屋台的な雰囲気票かな?と少し怪しんでみたり・・・。

さて、初めてなので「元祖醤油」注文。「10分待って」といわれて待つこと20分弱(丁度切れ目だったので・・・)。
d0347281_21565331.jpg
外はパリッ(勿論固すぎない)と、中はホントにとろっとろ。タコは割と大きくぷりっぷりの食感でした。
生地の中と外にふりかけた「天かす」がとても良いコンビネーションとコクを醸し出しています。
ちょっと濃い目の醤油味は卵の味わいをど~んと深めており、ホント美味しい。
d0347281_21564345.jpg
容器の竹の船もええ感じです。
食べてみて高評価に納得の「たこ咲」でした。



■たこ咲
■愛知県名古屋市中区大須3-35-15 フードショップイトウ内
■12:30~20:00 不定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-05-26 21:55 | 食~遠出

ガッルーラのエッセンス、あると思います「フラテッリ・ガッルーラ」

本日の大森ぱとろ~るは、ガッルーラのエッセンス、あると思います「フラテッリ・ガッルーラ」です。


それを目的にしないと訪れることさえままならない難予約店クッチーナ・イタリアーナ・ガッルーラ。そのエッセンスが名駅前で手軽に味わえる・・・かも、ということで帰省を利用して訪問しました。

コースはメインあり(4,300円)となし(2,980円)の2種ですが予約はメインありのみ、です。


ガッルーラのスペシャリテ「フォアグラのスモーク」とマンゴー はちみつのソース
d0347281_21432452.jpg
本店のそれと異なり、鴨のついていないバージョン。思い出の味わいと同じで、とても満足です。


ホワイトアスパラガスと師崎産「白ミル貝」の温サラダ パルミジャーノレッジャーノで
d0347281_21434120.jpg
グリルされた白ミル貝と焼きパルミジャーノの香ばしコンビ、焼きアスパラと生パルミジャーノの定番コンビの合わせ技、美味しくない訳はありません。
それらのホワイト・イエローに加えカステルフランコで赤を散らし黒いお皿で全体を引き締めている、キレイで美味しい一皿でした。


「リングイネ」師崎産”地のサザエ”のジェノベーゼ 貝肝の風味
d0347281_21452633.jpg
サザエのぷりぷりした食感、肝(&白ワインの)ソースのコクと心地よい苦みが良かったです。
しかし、ジェノベーゼソースのバジル及び生クリーム要素が強すぎたため、攻殻の味わいを少しマスキングしてしまっている印象でした。


「イカ墨を練りこんだシャラテッリ」手長海老と三河産魚介のトマトソース(+500円)
d0347281_21442258.jpg
魚介の旨みが詰まったトマトソースは秀逸。これに負けないベストな食感とコクをもつイカ墨シャラテッリのコンビネーションも良かった。
d0347281_21441786.jpg
手長海老は香ばしくて、もちろんかぶりついてしまいました。


三河産のスズキ・浅利・鬼浅利と蛤 フェンネルと天然クレソン 香草の香るチュピン リグーリア風 名古屋発の鋳金ホーロー鍋「バーミキュラ」で(+800円)
d0347281_21460928.jpg
メニューは桜鯛ですが、天然スズキでした。とにかく肉厚でぷりっぷりです。殻を積み上げると山になる位に貝類も入っており食べごたえ十分でした。
そしてそのだし汁に関しては言わずもがな、です。リグーリア風とのことですが本場のどろどろ鍋風ではなく、エビのだしを使ってちょっとライトに仕上げているとのこと。
d0347281_21462784.jpg
余すところなく頂くために、ブールのお代わりをサービス頂きました!


バケットラビットのブール、自家製玉ねぎのフォカッチャ
d0347281_21464719.jpg
ブールは特に小麦の風味は強く感じませんがフラットな味わいで食事パンとしては良い感じです。フォカッチャは少し固めでオイリーだったかな。


カタラーナ キャラメルのサルサ
d0347281_21470317.jpg

マンゴープリン ココナッツの雪 フラテッリ風
d0347281_21472331.jpg
エスプレッソW(+300円)
d0347281_21473493.jpg
ドルチェもコースのおまけで付いてくるようなものではなく+αの手が入っています。また、食後の選べるドリンクも種類が多く嬉しいです。


ワイン:プロセッコ(3,900円)
d0347281_21475353.jpg
ボトルは州別とかではなく、価格帯で分けられています。例えばこの3900円価格帯のワインでは、甘泡Half×1・泡×2・赤/白Half×各1・白×3・赤×4から選択可能、ある意味、選びやすいです。今回はメインも魚介系なのでコスパの良いプロセッコを選択しました。結果、正解だと思います。
d0347281_21482079.jpg
パスタが供される時に相方が所用で席をはずしていましたが、ベストのタイミングで供せないということでリングイネを茹でなおしてくれました。
全体的にカジュアルになっているのでガッルーラ本店程のホスピタリティは望むべくもないですが、このような心遣いを頂くと大変嬉しく感じてしまいます。
d0347281_21483337.jpg
当然?本店のガッルーラとはかなりな部分で違っていると思います。が、料理の本質とサービスの心意気に関しては結構かぶる所もあるのでは?と感じました。
名古屋の方以外にはなかなか触れられないガッルーラのエッセンスを気軽に万人に・・・という意味ではとても面白いお店なのではと思います。


■トラットリア フラテッリ ガッルーラ 大名古屋店
■愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 3F
■052-446-8835
■11:00~16:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.21:30)無休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-05-23 21:40 | 食~遠出

チョコノワールを食す!「コメダ珈琲店 姫路市役所南店」

本日の大森ぱとろ~るは、チョコノワールを食す!「コメダ珈琲店 姫路市役所南店」です。


姫路で新幹線に乗る前の時間つぶしに入店しました。そしてメニューを見ると既知のシロノワールのバリエーション、チョコノワールが!
チョコ好きは無視できません、迷うことなく珈琲と共に注文しました。
d0347281_23293671.jpg
さて、注文して10分程度でチョコノワールの登場、ちょっとへちゃれたビジュアルがご愛嬌です。
デニッシュ生地の上のソフトクリームにチョコレートシロップとフィアンティーヌが振りかけられ、苺(&イチゴソース)が添えられています。
d0347281_23295659.jpg
ほっかほかのデニッシュ生地に冷たいソフトクリームの対比はそのままで、ちょっとだけ豪華な気分を味わえる感じです。
ただ、チョコのソースはよくスーパーに売っているチョコのチューブっぽい味わいで、チョコそのものの品質としてはイマイチですが・・・。
d0347281_23301683.jpg
珈琲はいつものコメダ品質、美味しくゆったりと時間をつぶすことができました。

今度はテーブルメニューにあった、「小倉小町」(小豆の入った珈琲)試してみようかな、怖いもの見たさで。

■コメダ珈琲店 姫路市役所南店
■兵庫県姫路市佃町33
■079-287-3350
■7:00~23:00(L.O.)22:30 無休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-25 23:30 | 食~遠出

宇治ならではの抹茶コロッケ「肉のはりよし」

中村藤吉 本店のすぐ横にお店はあります。
また、目立つ立看板も出ているので見つけやすいです。

抹茶コロッケ(130円税別)
d0347281_23490839.jpg
肉入りコロッケ(120円税別)
d0347281_23492802.jpg
衣が付いた、生の状態で売っています。
必ず、注文を受けてからラードで揚げてくれます。
よって、若干時間が必要ですが、熱々で衣もからっとしてて、食感もサクサク。
冬には非常にありがたく感じます。

さて、味わいですが、
抹茶コロッケにおいては、抹茶の風味は意識して頂くとそのニュアンスは感じ取れますが、そんなに強くはありません。
むしろ肉入りコロッケの方がホコホコしていて、カボチャやコーンが入っててじんわりと甘く、美味しかったです。
d0347281_23483801.jpg
藤吉の待ち時間は、いつ訪れても非常に長いです。
その空いた時間を少しこちらに振り向けてみては、いかがですか。



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-24 23:51 | 食~遠出

宇治川を眺めつつスイーツを食す「中村藤吉 平等院店」

中村藤吉 本店にて、生茶ゼリイのレビューをしましたので、
比較の為に約1年前に訪れた、平等院店のものを参考に掲載させていただきます。
d0347281_20020721.jpg
当時、塗りなおされた平等院鳳凰堂は部分公開(足場が残っていたり・・)だったので、観光客は少な目。
でも、周りのお店も閉まっていたので結局こちらにお客さんが集中し、待ち時間は40分位でした。

生茶ゼリイ(抹茶)
d0347281_20020042.jpg
平等院店ではこのようにお皿にて供されました。
大ぶりのゼリイは食感がとても良くお茶の風味も良かった事、覚えています。
白玉ももちもちと柔らかかつ弾力があり、美味しかったです。

本店の店構えも風情がありますが、宇治川をみながらスイーツをいただける、こちらの雰囲気もとても良いです。

■中村藤吉 平等院店
■京都府宇治市宇治蓮華5-1
■0774-22-9500
■11:00~17:00(16:30 L.O.)、12/31 ※ 1/4(月)~2/26(金) の間は冬季休業。


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-17 20:07 | 食~遠出

風情のある店構えでスイーツを食す「中村藤吉 本店」

殆ど年末ではありましたが、宇治上神社と平等院鳳凰堂と二つの世界遺産をもつ宇治には多くの観光客が訪れています。さて、スイーツで有名な中村藤吉本店のカフェ部、現在は1.5H待ちとの表示がありました。ボードに名前を書いて、併設のお土産部やまわりのお店をぶ~らぶら、です。


生茶ゼリイ(抹茶)
d0347281_20035497.jpg
冷えた、というか凍らせてた竹筒に入れられた状態で供されます。ゼリイの他、白玉、アイスクリーム、小豆が入っています。藤吉にゼリイは百貨店でも売っていますが、それよりもカットが大きいためよりぷるっとした食感が楽しめます。さてメインのゼリイに関して伊藤久でもパフェで頂きましたが、りりた的には伊藤久の方が抹茶の香りと味わいが深く感じられたので、好みです。


生茶ゼリイ(ほうじ茶)
d0347281_20041416.jpg
見た目は茶色一色なので地味ではありますが、ほうじ茶の燻し感が良く、香り高いので抹茶より意外性があり美味しく感じました。白玉は以前、平等院店で頂いた時はとても美味しく感じましたが、今回は残念ながら冷えすぎなのか少し芯を残したような食感でした。


茶そば
d0347281_20043620.jpg
「そば」ですがぷるんぷんとしており、まるで冷やむぎを頂いているような食感です。また、出汁は昆布感がかなり強くでていて、関西風のそば汁としては違和感を憶えました。
加えて麺と出汁の相性もそれほど良いとは思えず、評判の高いスイーツに対して完成度が低いかな。
d0347281_20052254.jpg
通常、1Hから2Hの待ち時間が必要なお店ですが、ブランドに惹かれて訪れるお客さんが多いのかな?
本店は建物に風情がありますが、中村藤吉を「味わいたい」という目的であればどちらかと平等院店の方が回転が速く待ち時間が少ないかと思います。


■中村藤吉 本店 (なかむらとうきち)
■京都府宇治市宇治壱番10
■0774-22-7800
■銘茶売場 10:00~18:00、カフェ 11:00~18:00 (L.O.17:00)


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)




[PR]
by ririta13500g | 2016-01-13 20:07 | 食~遠出

お茶の魅力を満喫できます「伊藤久右衛門 本店」

自宅でいつも食べている「抹茶そば」はこちらの乾麺を使っています。たまにはお店で食べるのもいいね、と帰省の折に訪問しました。
正月ちょっと前、喫茶待ちリストはそこそこ長かったですが回転は意外に早く、20分位で入店出来ました。

にしんそば(907円)
d0347281_23260945.jpg
鰊は普通。出汁も、普通っちゃあ普通ですが、昆布・鰹から出汁をきちんと取っているな、という印象です。
そばはいつも食べている乾麺と同じかな。抹茶の風味もしっかり出ていて少し緩めだけど味わい深い麺です。
d0347281_23264229.jpg
この抹茶そばは乾麺の持ち帰り品があります。
店舗に行くか自社ネット販売でしか手に入りませんので、我が家も宇治に帰るたびにどっさり買って帰ります。
ちなみに、日清さんから伊藤久右衛門・茶そばという商品が出ていますが、全くの別物です。

宇治抹茶タルト・オ・ショコラと宇治紅茶とのセット(849円)
d0347281_23265833.jpg
タルト・オ・ショコラ、本体が抹茶クリームケーキなのだけど程よい抹茶感で、リッチな味わいです。上部の抹茶フレークとの食感ギャップが素晴らしい!
宇治紅茶は、お茶を紅茶風に仕上げたもので、ファーストフラッシュのように爽やかな味わいです。これまた西洋菓子にぴったりな味わいでした。とても相性が良かったです。

よくばり抹茶パフェ(972円)
d0347281_23272333.jpg
抹茶アイス、茶の葉せんべい、茶団子、抹茶ゼリー、わらび餅、白玉が一度に味わえる逸品です。抹茶筒をつけてくれるので、味わいが単調になった後半、例えば寒天等に抹茶をたっぷり振りかけて食べると、最後まで美味しく頂けます。
d0347281_23274273.jpg
個人的おすすめは、アイスクリームにたっぷり振りかけます。甘いアイスとほろ苦い抹茶がベストマッチです。

いちご抹茶だいふく(1,814円:6個)
d0347281_23280046.jpg
期間・数量限定商品で一日50~60箱位販売されています。大抵、昼過ぎには無くなりますので午前中がオススメです。柔らかな求肥、濃厚で甘く少しの苦味がいい感じに効いている抹茶餡、そして爽やかな酸味をもつイチゴが丸ごと1個入っています。餡がしっかり入っているタイプで、苺のおいしさを引き立たせるタイプではなくあくまでもお餅・抹茶餡が主人公な大福となります。


観光地から少し離れていますが、逆にこちら狙いのお客さんが殆どなので居座りが少なく、回転が速いです。色々なバリエーションの抹茶モノを頂けますので新たなお茶の楽しみ方発見があるかも、です。



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-12 23:28 | 食~遠出

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな