りりたの大森ぱとろ~る

カテゴリ:食~和食( 3 )

キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」

本日の大森ぱとろ~るは、キジ焼き鳥でお腹いっぱい「鳥一代」です。


この鳥一代さん、他に新橋や恵比寿にもあるようですが、田町駅の芝浦側にあるこちらが本店のようです。参鶏湯で有名なお店のようですが、りりたは「キジ焼き丼」しか利用した事がありません。
d0347281_00470311.jpg

キジ焼き丼(750円税込)
d0347281_00471281.jpg
丼の表面は、キジ(って名がついているので、多分)の腿肉(おそらく)と、鶏そぼろで丼が覆われています。
d0347281_00470746.jpg
キジ肉はその層が2.5cm位の厚みがあり、ごはんを頂くまでには結構キジを食べて掘り下げる必要があります。お肉は多少ぱさついているものの、甘辛いタレの味わい(ご飯にもしっかり塗られている感じ)でかなりインパクトのある味わいとなっています。
d0347281_00472378.jpg
その分途中で飽きてくるのですが、卓上の柚子胡椒とお漬物、そしてささみの入ったグリーンサラダ、みそ汁を活用すると最後まで美味しく頂けます。
d0347281_00471741.jpg
普通盛の他に、大盛、特盛、爆盛もあるとのことですが、りりたは2重の意味で普通盛で十分満足です。


平日の12時40分頃入店だったのですが、50席位あるにも関わらずりりた分を入れて、残り4席で満席でした。また、お店をでた12時過ぎには10名以上の行列ができていました。回転は悪くないようですが、お昼は早い目の方がよさそうです。


■鳥一代
■東京都港区芝浦3-13-18 ト-ホ-ビル2F
■03-3798-3400
■[月~金]昼 11:30~14:00 夜 17:00~23:00 (LO 22:30)
 [土] ランチは休み 夜 17:00~22:00(LO 21:30) 日祝祭日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-12-28 00:44 | 食~和食

博多うどんはやっぱりごぼ天!「博多うどん よかよか 有楽町店」

本日の大森ぱとろ~るは、博多うどんはやっぱりごぼうの天ぷらでしょう!「博多うどん よかよか 有楽町店」です。

交通会館の地域物産店へ買い物に行った時に、偶然発見しました。
博多で一度だけ食べた「博多うどん」。あの味がどうにも忘れられず、兎に角「博多うどん」の文字が見えたらお店に入るようにしています。
さて、今回は(博多うどんとしては)スタンダードなごぼ天うどんと博多らしい?博多めんたいうどんを注文しました。

ごぼ天うどん(600円)
d0347281_21302490.jpg
素うどんに牛蒡の天ぷらがのせられており、土地柄?か現地よりも大分と高めの値段設定です。
d0347281_21305041.jpg
印象の博多うどんは、太(ふと)平たくて、少しふやけているようなビジュアルに、実は「もちっ」と切れそうで切れないコシ(粘り)が同居している独特のうどんの印象なのですが、残念ながら今回はすこ~し「もちっ」はあるのですが、ふやけた「ふにふに感」をあまり感じる事が出来ませんでした。
昆布だしのきいた塩味もまた強めのだしは、日本酒にもあうかもしれません。(店内の日本酒コーナーには各種、獺祭もありましたよ~)

博多めんたいうどん(700円)
d0347281_21301723.jpg
見た目そのまんまです。ごぼ天ほどこのうどんには合いませんでしたが、それなりに美味しかったです。
d0347281_21311589.jpg
普通の立ち食い(でもないけど、雰囲気的&サービスは立ち食いそばレベル)にしては、味わい・麺も平均点以上なのですが、りりたの知っている博多うどんと比べると、少し残念さを感じてしまいます。。

気軽にうどんを頂ける、という意味では貴重なお店だと思います。


■博多うどん よかよか 有楽町店
■TEL非設置
■東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
■11:00~15:00、15:00~21:00 日曜定休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-02-27 21:32 | 食~和食

先入観どおりのおいしいお蕎麦「布恒更科」

関西人のりりた、東京でのお蕎麦屋さんデビューです。
東京で食べるお蕎麦のイメージは「おいしいらしい」「そばつゆが真っ黒」の先入観で一杯なのですが、さて興味深々です。
寒い日だったのですが、ここはあえてざる(1050円)で。
d0347281_13342888.jpg
蕎麦つゆを見た時、こゆっ!たまり醤油かと思いました。
けれども、食べてみると見た目ほど塩辛くない。
ちょちょっと付けて食べる、くらいが、そば自体のおいしさも味わえてちょうど良いです。
このそばがおいしい!
香りも良く、つるっとしたのどごし、弾力があるけどありすぎず、なんともいい食感。
しかも、たっぷり盛られています。それでもざるの上でダマになったりせず、最後までおいしく頂きました。
お蕎麦屋さんというと、高くてちょびっとだけ、という印象があったのですが、全然そんなことはないですね。
東京全般に言えるのでしょうか、それともこのお店だけ?
「高くてちょびっと」は外れたものの、「おいしい」という先入観は大当たりでした。
また行きたいです。

布恒更科(ぬのつねさらしな)
■品川区南大井3-18-8
■tel 03-3761-7373
■営業日 月~土、祝日(昼のみ)
11:30~15:00(L.O14:40)
17:00~20:00(L.O19:40)
■休業日 日曜日



[PR]
by ririta13500g | 2016-01-29 13:37 | 食~和食

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな