りりたの大森ぱとろ~る

白金で白金豚を食す、とんかつ屋さん「大五」

本日の大森ぱとろ~るは、白金で白金豚を食す、とんかつ屋さん「大五」です。


13時頃に到着、待ち時間ナシでした。ランチメニューとして「とんかつ定食1,000円」「豚生姜焼定食(1,000円)」「海老フライ定食(1,050円)」「鳥かつ定食(800円)」(全て外税)がありますが、今日は「白金豚(プラチナポーク)」と決めていました。

1)白金豚ロースソテー定食(2,400円)
d0347281_17423580.jpg
とんかつは150gと200gが選択可能なのに対して、ロースソテーは1種類だけです。恐らく200gはあるのではないかと思います。肉厚の豚を噛むと、しっかり中まで火入れされた、強めのグッとくる食感でした。
d0347281_17430199.jpg
赤身肉の旨味も当然ありましたが、これはたっぷり掛けられたグレービーソースによるものかもしれません。お肉のエキスが凝縮したような旨味のあるソースで絶妙のニンニクの効かせ具合が素晴らしかったです。あまりレビューされていませんが、これはお勧めです。
d0347281_17434539.jpg
定食は、ご飯+赤だし(又はとん汁)+香の物で単品+400円となります。頼んだとん汁は塩気がそれなりに強かったですが、とても具沢山でした。
d0347281_17434760.jpg
特筆すべきは香の物です。大根の浅漬けを細く切ってあるだけなのですが、汁と異なりとても良い塩梅で、水気も絶妙、素晴らしい食感でした。醤油を掛けずともご飯とも合いますし、そのまま食べても美味しかったです。


2)白金豚ロースとんかつ定食(200g2,400円、因みに150gは1,900円)
d0347281_17441704.jpg
迫力のあるカツですが、特徴は白っぽい衣でしょうか。とても軽くサクサクしていて肉を邪魔しないのですが、逆に「とんかつ感」が少なく肉から剥がれ易いという欠点もありました。
d0347281_17442098.jpg
肉の食感はポークソテーと同じでしっかりしています。付いてくる大根おろしや特製ソースで食べるのも良いですが、醤油や塩で頂いた方が一番お肉の味わいを堪能できました。特に端っこの方の、脂身と赤身が交互の層になっているあたりは、赤身肉に甘く旨味が凝縮された脂身が纏わりついたところを塩でビシッと締める、美味しかったです。
d0347281_17444180.jpg
とんかつを食べた、というよりも豚の旨味が堪能できた満足の昼食となりました。


■大五
■東京都港区白金1-25-21 日興パレス 1F
■03-3444-2941
■11:30~14:00 17:30~21:00 月曜、第三火曜定休

■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2016-03-21 17:45 | 食~洋食

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな