りりたの大森ぱとろ~る

ロースかつ定食のコスパは半端ない!「丸一」

先日紹介の大森の丸一から暖簾分けされたお店で、平日の11時30分(11時開店)に訪問。
行列は20名近くありましたが、なんとか30分位で入店できました。オーダーは通常のロースかつ定食(ディナー1,300円、ランチ1,100円)と、極上ロースかつ定食(2,500円)。極上は限定食なのですが、最後の1つに滑りこめました。


極上ロースかつ定食(2,500円)
d0347281_15001605.jpg
席がカウンターの真横だったのでシェフの動きが良く見えました。何処からか豚を取り出して衣を付け、とても大きな中華鍋に次々と落としていきます。
d0347281_15005195.jpg
特筆すべきは二つ、処理をしている厚切りロース肉がめちゃくちゃ綺麗で脂身の割合が最適化されていたこと、もう一つは揚げ脂の補給です。
とても大きな鍋の横に同じものがあり、そこにはラードが満載されています。シェフは頻繁にそこからラードをおたまで掬い、中華鍋に入れて揚げ脂を補給しています。
d0347281_15011245.jpg
衣は、高温でサクッと揚げているのかすこし焦げたような色合いです。正直、見た目はあまり良くなかったですが、焦げを感じる程でもありませんでした。お肉の質は、極上です。繊維が細かく食感は「むちっ」としており、非常にジューシー。岩塩で食すとよい感じに旨味・甘味を感じます。脂身の割合は端になるほどそれなりにあるのですが、またこれが美味しく感じました。


ロースかつ定食(1,100円)
d0347281_15013396.jpg
極上ロースかつを頂いた直後だと、さすがに肉質の差を感じざるを得ませんが、これは文句なしにコスパ大。一口目からうゎー美味しい、そう思いました。いままで食した大抵のとんかつよりも美味しい。
d0347281_15015380.jpg
脂身の旨さは極上と共通するものがあり、また揚げ油のラードも脂身と親和性がよく、衣と肉と脂身がシームレスに口蓋に溶け込んでいきます。鍋のラード、肉の脂もつかっているんじゃない?と思う位でした。
1,100円というランチ価格ならむしろ「コチラ押し」、普通のロースかつ定食を頂くだけでも十分に並ぶ価値がある、と感じました。
d0347281_15024203.jpg
とん汁は大森店と同様、生姜の効いたインパクトのある味わい。豚細切れ、人参、牛蒡、玉ねぎがごろごろ入っています。大森店の出汁に対しこちらは味噌が強めに感じました。インパクトの強い「かつ」にはこちらの方が合っているかな。また、ご飯はこちらの方が美味しかったです。


素晴らしいトンカツを頂きました。次回はヘレにチャレンジしてみよう!


■丸一 (まるいち)
■東京都大田区蒲田5-28-12
■03-3739-0156
■[火・木・金]11:00~14:00(L.O.)
 [水・土]11:00~14:00(L.O.) 17:00~20:00(L.O.) 日曜・月曜・祝日定休


■りりたLINK
main page(旅行記他)
wine page(飲んだワインの記録)
nanmori page(大阪在住時)
nagonyan page(名古屋在住時)
hiroshima page(広島在住時)



[PR]
by ririta13500g | 2015-12-13 15:03 | 食~洋食

東京大田区大森(おおもり)周辺での食べ歩き日記
by ririta13500g
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな